小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ここ最近のこと。

大きな地震のあった日は川崎の会社にいて、
横浜の家まで歩いて帰りました。四時間かかりました。
歩いている間も、油断すると不安が膨らんできて、
それを正しく処理して治めるように努めました。


土日はずっと家にいて、
テレビやTwitterUstreamで情報収集をしていました。
いま思うと、不安が原因で、
情報に執着していたのだと思いました。
執着はよくない。
『マインドタイム』という本にありましたが、
人間の感覚器から情報が入ってきたとき、
意識がそれを判断するのですが、
その間のごく短い時間(マインドタイム)に入り込んだ、
情報は意識の検閲をすり抜けて直に脳に刷り込まれるので、
悲惨な映像を見るのは、ストレスになるらしいです。


それから、感情的になっている人をテレビで見たり、
感情的な発言をツイートしている人を見たりしました。
不安で感情を振り回さないことが大切だと思いました。


月曜の勤務は自宅待機になって、
夕方、二日ぶりに散歩に出ました。
四時間歩いた疲労がたまっていたのか、
精神的に疲れていたのか、数分歩いただけで、
歩きたくなくなって、区民センターの脇の花壇に、
腰をおろしました。かなり疲れていたようです。
和菓子屋で、まんじゅうを五つ買って帰りました。


津波の映像を見たときに、
数年前にキャニオニングをしているときに、
ゲリラ豪雨で鉄砲水が来て
何時間も遭難したときのことを思い出しました。
テレビはもう見ないようにしよう。

火曜も、

自宅待機になりました。
食欲と睡眠がすごくあって、ぐっすり眠って食べて、
昼寝をしたりしました。本を読む気にはなりませんでした。
夕方、瞑想をしました、椅子の上で。
一時間くらいしたところで、椅子からおりて仰向けになって、
呼吸に意識を集中して雑念をすべて追い払っていたら、
聴覚と視覚が何倍にもなったみたいになって、
音がごごごごごと聞こえて、目の前が金色の光に包まれて、
なんだかとてもありがたい気持ちになって、
ありがとう、ありがとうと呟いていました。
なんだったんだあれは。


それから、ちょっと外に出て、
イトーヨーカドーに行きました。
カップ麺やパンなどの棚はほとんど空っぽになっていました。
六本セットの缶ビールと、板チョコを持って、
レジに出したら、パートのおばさんに
「申し訳ありませんが、年齢を確認できるものをお持ちでしょうか?」
と言われました。どうやら僕を、


未成年だと思ったみたいです!!


やりました!ちなみに僕、32です。
まだまだいけます。
……レジのおばさん、忙しくて、
きっと混乱していただけだと思います。


寝ようと思ったら静岡の方で震度六の地震があって、
こちらは震度四で、おどろきました。

ほんと、これくらいしたい気持ちでした。

水曜は、

よく眠って起きて、ご飯を食べて、瞑想をして、
本を読んだりしていました。
食べて寝てしているので、体がなまってしまいそうです。
それにしても、テレビのCMで、こんにちワニとか、
ありがとウサギとかのアニメーションを何十回見たのだろう。
と思っていたら、こういうのもあっていいのでは
と思って絵を書いたりしました。


少しずつ、いつもの感じを取り戻しつつあります。



いまは、

自分にできることをやって、
これまで普通だったことを、普通にもどしていく。
不安などに振り回されずに、正しい感情を保って、
自分のために、また、他の人のために、
淡々と生活して、祈って、募金して、献血もして、
節電して、摂生してやっていこうと思います。
危険な作業をしている人、被災された方、
安全でありますように。これ以上被害が出ませんように。


宮沢賢治雨ニモマケズ

雨ニモマケズ
風ニモマケズ
雪ニモ夏ノ暑サニモマケヌ
丈夫ナカラダヲモチ
慾ハナク
決シテ瞋ラズ
イツモシヅカニワラッテヰル
一日ニ玄米四合ト
味噌ト少シノ野菜ヲタベ
アラユルコトヲ
ジブンヲカンジョウニ入レズニ
ヨクミキキシワカリ
ソシテワスレズ
野原ノ松ノ林ノノ
小サナ萓ブキノ小屋ニヰテ
東ニ病気ノコドモアレバ
行ッテ看病シテヤリ
西ニツカレタ母アレバ
行ッテソノ稲ノ朿ヲ負ヒ
南ニ死ニサウナ人アレバ
行ッテコハガラナクテモイヽトイヒ
北ニケンクヮヤソショウガアレバ
ツマラナイカラヤメロトイヒ
ヒドリノトキハナミダヲナガシ
サムサノナツハオロオロアルキ
ミンナニデクノボートヨバレ
ホメラレモセズ
クニモサレズ
サウイフモノニ
ワタシハナリタイ