小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



腰も脚も痛い。レンズを買った。

腰が痛くて仕方なくなっています。
昨朝に敷布団を持ち上げるときに、
あれっと思った程度だったのですが、
夜に掛けててじわじわと痛みが湧いてきて、
朝になったら、余計に痛くなっていました。


ところで、レンズを買いました。
「Canon EFレンズ EF50mm F1.8 II」です。

左がこれまでので、右が新しいのです。
長さも重さも半分以下になったので、
あちこち持ち出そうと思います。腰が治ったら。


それにしても、痛い。
そうだ、脚も痛かったのだ、不思議なことがあったのです。
川崎の駅前を歩いていたら、突然、右の腿に
針で刺されたような鋭い痛みが走ったのです。
数歩進むと、再びチクッ!として、そのたびに
歩くのを止めないといけないくらいでした。


で、これじゃ歩けないと思って、トイレに入って、
腿に何か刺さったんじゃないかと思って、
ズボンを下ろしてみたけど、赤く小さな出来物があるだけで、
目立った外傷はなくて、そこを試しに押したり、つねってみても、
さっきのような強い痛みはありませんでした。


だからもう大丈夫だろうと思って、少し歩いたら、
また、チクッ!となって、腰は痛いわ、脚は痛いわで、
すべてイヤになって自爆ボタンを探しました。
が、自爆ボタンはありませんでした。
で、もしかしたら、蜂みたいな針を持つ虫が、
ズボンの中にいるのではと思って探って見たのですが、いなくて、
どうやらズボンが腿に触れると痛いことがわかったので、
そこを握ってたくし上げて、腰が痛いので能楽みたいに、
上下しない動きで、さっさと足を交互に出して、
なんの伝統芸能だよと思いながら帰りました。


こういう症状に覚えがある方、コメントください。
もしかしたら、誰かが僕のワラ人形を拵えて、
脚に釘を刺しているのかもしれません。
その場合の対処法もご存知でしたら、お願いします。