小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



「捨てる服があったら送ってみませんか」で、けっこう服が集まった。

先月の中頃から募集しておりました。
捨てる服があったら、しーなねこに送ってみませんか
の件ですが、おかげさまで、結構集まりました。


なぜこんなことを始めたかと言うと、
僕がいっつも同じ服ばかり着ているからです。
ざっとアルバムから振り返ってみましょう。



白シャツ。

白シャツ・カーディガン。

白シャツ・黒ズボン。

白シャツ・カーディガン。

白シャツ。

白シャツ・黒ズボン。

白シャツ・黒ズボン。

白シャツ。

白シャツ・黒ズボン。


白シャツに黒ズボン。
これがユニフォームになっていました。いつの間にか。
ジャケットや、カーディガンも着たりもしましたが、
基本は白シャツ・黒ズボンで、二年ほどやってきました。
二年ほど服を買っていません。クローゼットはこんな感じです。

おじいちゃんの洋服だんす的な。


シャツはすべて百回ぐらい着て、
テロテロになって、「肌着が透けてるよ!」と、
複数の方より指摘を受けるようになりましたので、
新しい服を買うことにしました。
しかし、僕が選ぶと、また白黒を選びそうになっていて、
これでは頭が固くなってしまうと不安になって、
自分では決して選ばない服を着ることにしました。
しかし、僕が服屋に行く限り、買う(選ぶ)のは必ず僕になる。
この定めを壊すにはどうすればいいか。


誰かからもらうことにしました。


で、送ってもらったのがこれです。



パーリィ!!


選ばないわあ……、こういう色彩。
いままでの僕なら絶対に選び得なかったわあ。
これを着て外に出るのかと思うと、急に恥ずかしくなったのですが、
それは僕にとっての非日常だからであって、
服を送ってくださった方にとっては、
日常的に着てた服(のはず)なのだから、
まったく恥ずかしがるようなファッションじゃないし、
恥ずかしがったら、失礼になる。


他にもこんなすごい服まで。

つなぎ。どういうタイミングで着れば……!


とりあえず、この頂いた服に番号を振って、
毎朝、ランダムにひとつ、着ていこうと思います。
そうすれば、生活が色づいて、活気にあふれ、
素晴らしいアイデアが連発して、
芥川賞とかもとれるかもしれません。


まだ、いらない服を送ってくださるという方がいましたら、
画像などを添付してメールなど頂けると助かります。
服の送料はこちらで負担します。
あと、送っていただいた服は返せません……。