小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



突き抜け派の会合、新橋で撮影会、奇抜なシャツ。

金曜の夜に、文芸結社「突き抜け派」の作戦会議を
目黒の居酒屋で開いて、イッセイ氏、たかはしさん、
ひのじさんとで、各自の小説について批評し合ったり、
いま、何を、どう書くかについて話し合いました。


色々議論した結果、こう書くと決めたからって、
小説に込める思想やその表現のための技巧など、
詰まるところ、書けるようにしか書けないのだから、
取り合えず、根性で書くしかないよね。ということで、
月に一作百枚書いて、賞に応募しまくれば、
突き抜け派だけで芥川賞候補を埋め尽くして、
誰かしら受賞して、この一派が歴史的に名を残すだろう、
ということになりました。がんばるぞ、おー!

土曜日は

「一眼バトル in 新橋」ということで、
いつもの写真仲間たちと、新規の仲間たちと撮影会をしました。
今回は「第二回新橋フォト川柳コンテスト」なるイベントが
開催中だったので、そこへの投稿作品を皆で撮りました。


ところで、以前に、
「捨てる服があったら、しーなねこに送ってみませんか」
と募集して、服が集まったと書きましたが、
その服を早速着てみました。まずは、
なぁぽんさんに送って頂いたこのシャツです。



デデーン!!


これを送って下さったなぁぽんさんのコメント。

ちなみにあれ、いちども外にきていったことはありません!
しーなさんが着たら、すごくパンクだと思います。

たしかにこれで外に出るのは恥ずかしいかも……、
と思いましたが、屋外は梅雨明けのすごい炎天下でした。
熱気で頭がぼんやりすると、ほとんど気になりませんでした。


待ち合わせの新橋駅に着いたら、
一発で先輩のHEX68さんがやって来ました。すごい認識率です。
この後も誰も迷わずに僕のところまでやって来ました。


二時間半後に再び戻ってくるというルールで解散して、
八名が自由撮影になりました。それにしても暑かった。



「フォト川柳」だから川柳も考えなくてはなんですが、
そんなこと考える余裕はありませんでした。あと、
テーマが「新橋の再発見」みたいなことだったのですが、
僕は再発見できませんでした。皆、そう言ってました。
イメージした通りの新橋しかなかった。新橋は、
新橋以外の何ものでもなかったんだよ。





打ち上げで魚金二号店という居酒屋に行きました。
ビールがうまかった!あと刺身。


店を出たら夜になっていて、
俄然本領を発揮しはじめた感のある、新橋。
夏の熱気、喧騒、呼び込み、ガード下。
ちょっと汚くて、おっさんが多い。
年季の入った飲み屋街のイメージが厳然とあって、
酒がきちんと美味いんだから、別に、


新発見とかしなくていいじゃないか。


と思いました。このままで、すごくいい。
そういうメッセージを込めた川柳を送ろうかな。

日曜

昼過ぎまでのんびりして、十六時に美容室へ行きました。
今日はイッセイ氏がくれた、プードルのシャツを着ました。


いつも髪を切ってくれるSさんが、
入店と同時に、
「どうしたんですか!?そのシャツ」
と聞いてきました。
「そのプードルみたいな髪型にするってことですか?」とも。
時間をかけて、丁寧に髪を切って下さって、
とてもすっきりして帰りました。

プードルみたいにならなかったけど、
向かいから来る、犬の散歩をさせている人が、
すごい僕の服を見てきました。犬好きだと思われたのかな。

イッセイ氏に、
「どうしてこんなシャツを買ったんですか?」
と聞いたら、
「福袋に入ってた」
と言ってました。納得しました。
他にも買ったはいいものの恥ずかしくて着れないシャツとか、
ありましたら、エピソードを添えて送ってくださいな。


今週も、よい週末でした。
みなさん、いつも、ありがとう。