小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



トーニャ君と会ったり、いろいろ考えたり、手が痛い。

金曜の夜、久しぶりにトーニャ君と会って飲んだ。
ひのじさんと春昆布さんも来て一緒に飲んだ。
トーニャ君は三月末で会社を辞めて、
八月から別の会社で働くことになりました。
前向きで、よく考えていて、パワフルでした。
僕は終始、自分を情けなく思いました。というのも、
最近はブログの更新頻度が落ちて、さらに、
新しい企画とかを出していなかったからです。


ところでトーニャ君が最近発表した曲がすごいから、
皆さん聴いてみるとよいかと思います。彼が歌っています。

neon city
いろいろコラボレーションしましょうということになりました。
でっかいことやって、一発当てましょう!!


ということで、リアル桃鉄2011は、
9/17(土)」に開催することにしました。
とりあえずスケジュールを組んで、参加者を募集して、
どういうルールにするかなどから検討していきます。
そういえば、三月に駅探さんがスポンサーになってくれる
と言ってくださってたわ。

で、話が逸れましたが、

トーニャ君お勧めのバーに行ってカクテルを飲んで、
解散したわけです。超、ありがとうございました
そして、いろいろあって、僕は夜の街を徘徊し、
午前三時ごろに蒲田の安いビジネスホテルで横になっていました。
眠っていたのではありません。思うことがたくさんあり、
様々な考え事に頭を巡らせていました。
そしたら、左手の甲が大変痛くなってきました。
先週の月曜から痛かったのです。
打ったり、ひねったりしたわけでもないのに、
唐突に骨にひびでも入ったのではと思うくらい痛くて、
物を持ったりもできなくなっていたのです。


痛くなった翌日、会社を早めに切り上げて、
川崎の整形外科を調べて向かったのです。
ここにあるはず、というところまで来たのですが、
整形外科があるべき場所には、赤レンガの壁しかありませんでした。
壁にはフロアマップが掛かっていて、現在地の丸があり、
現在地の正面、つまり壁のあるところに、
整形外科の名前がありました。しかし、
その壁伝いに一周して確認しましたが、
入り口も看板もありませんでした。不思議なこともあるものです。
そのため、診察を受けれませんでした。


その手が、いよいよしびれてきたので、
今日の午前八時から家の近くにある病院へ行きました。
整形外科の前の長いすには三十代は僕だけで、他に五人ほど
いましたが、全員お婆さんとお爺さんでした。
医師は「腱鞘炎」と診断しました。ストレッチや、
温熱療法とかして、安静にするようにとのことでした。


その後、家に帰ったのが昼前で、
スカイプでチャットをしてから、
カップラーメンの塩味を食べて寝ました。
寝る前まで、ずっと考え事をしていました。
起きたら夕方の六時でした。
目が覚めたら、いまにも泣きそうな感情になっていました。
それはたぶん直前まで見ていた夢のせいだろうと思いましたが、
内容は、さっぱり忘れていました。
夢の中の僕から何かを引き受けないと、という気持ちになって、
とにかく涙を出して泣いてやりました。
そしたら、無意識と意識の間に、透明で頼りない橋が、
すーっと架かったように思いました。

夕飯に、

ビーフシチューを食べて、ジムへ行きました。
手が痛いので、手に負担のかかるトレーニングはしないで、
主にジョギングをしました。十日ぶりに来ていました。
そういえば、先々週は腰が痛かったり風邪気味だったのでした。


で、いま家でブログを書いています。
たまに生活していて、パラレルワールドみたいな、
別次元の様子を感受するような現実感のない時期があるのですが、
その時期かもしれません。で、そのメッセージで、
だいぶはっきりしたように思います。とにかく僕は、
ひとりになる時間が必要だったのかもしれません。
もっとたくさん本を読んで読んで学んで学んでいきたいです。



トーニャ君から頂いたTシャツ。
Marty Stuartって、誰だろう。