小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



思ったこととか、イッセイ氏の頭とかについて。

今年のリアル桃鉄は、
これまでよりも参加しやすくなって、
何チームでもエントリーできるような、
大変なゲームになると思います。



それにしても、

イガラシイッセイさんの頭だ。
二、三日見ているうちに、なぜか何年か前にも、
こういう頭だった頃があったような気がしてきて、
とくに剃られた後頭部に、長い髪が馬の尻尾のように垂れて、
それが張り付いている様子などは、見覚えがあるぞと感じたので、
「前もそういう髪型にしたことありましたっけ?」
と聞いたら、
「そんなわけ、あるわけないじゃないですか」
と言っていました。たしかに、こんな頭、
一生のうちに一度あるかないかだ。


ということは、なんだ。
あまりのインパクトで、僕の過去の記憶に、
本当はなかったことが、まるであったことのように、
刻み込まれてしまったということなのだろうか。
人間の記憶すら書き換えてしまうのか。

出社前、小走りでやってくる。帽子かぶってる。

断髪式翌日に理容室に行って、耳の上にあった毛を剃って、
前髪と頭頂部の間の道の幅を均一にしてもらったそうです。

動画撮影をしてくださるニノさん。

エスカレーター。

前から見るとモヒカンみたいに見えるけど、

横から見ると、大五郎。

ランチでメニューを見る。うつむいても大五郎。



ところで、

人は何のために生きるのか!


それはみなさん、様々な意見があると思いますが、
僕は、人を人間の生態系のひとつの要素と考えると、
自然の他の生き物と同じく、その種の全体最適化のため、
また、他の種も含めた、宇宙の全体最適化のために、
生きるのだと思っているのです。

そして、僕の中の目標は上の図のようになっています。
まず、リラックス・オープン・エンジョイであること。
それができれば、MMK(老若男女にモテる)状態。
ファンが増える。それで、たくさん愛する。愛を循環させる。
それは、おだやかで心地よい状態。


そういう生き方を実践できれば、共鳴する人が現れる。
共鳴できる人と協力すれば、大きく、楽しいことができる。
そのポジティブな輪が、次第に広がっていけば、知名度が上がる。
知名度が上がれば、人やお金が集まって、セレブになって、
もっとたくさんの人と楽しくすごすことができる。
リラックス・オープン・エンジョイで楽しく暮らすことは、
人類の大願だと思います。大願が成就できた人は平和な人。
平和な人が増えれば、世界平和になると思うのです。



誰でも参加できるネタサイトを作りたいよ。

イベントをやりたい人は、イベント支援ツールATNDに登録して、
イベントでの自分の役割をネタサイトに登録する。
たとえば、役割はいくつかあって
・プランナー
・ライター
・サポーター
・オーディエンス
とかがある。
登録すると、ネタサイトにイベント名が表示される。
イベントのプランナーや参加者の顔ぶれを見たりして、
参加したい人は、自分の役割を決めて参加。
参加はしないけど、そのネタの記事が読みたい人は
読みたいボタンを押す、と優先順位が上がる。


ネタには必ずライターがついて、
自分のブログにレポートを書いて、
ネタサイトからのリンクを張る。
最新記事と人気記事や、プランナーやライターの評価とかが見れて、
おもしろい記事だけが自然に残っていくようになる。


拡大していけば、人を集めるためにネタサイトで、
イベントを登録するプランナーが出てきたり、
自分のブログに読者を引っ張りたいライターが集まったりして、
腕を競うような場になったら、おもしろいと思うのです。


ようするに、ATNDとTwitterを使って、
DPZとオモコロを足して二で割った、
積極的な参加型のSNS的なネタサイトよ。