小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



伊豆へ旅行へ行きました。

伊豆へ旅行へ行きました。ひのじさんと。
東海道線で熱海。熱海から三島へ。
三島へ行ったのは、桜家へ行くためです。
桜家はうなぎが強烈にうまい店です。



開店の十一時に着いたらすでに待ってる人がたくさんいました。
桜家の横に神社があって、そこでお客さんが待つのです。

少し待ったら店に入れて、出てきたうなぎがこれ。
うまくて、頭がくらくらしました。


そのあと、熱海まで戻って、MOA美術館へ行きました。
美術館まではバスで行きました。

海が一望できる、清潔で近代的な美術館でした。


人間国宝の徳田八十吉展が開催中で、
三代にわたる徳田八十吉の作品を見ることができました。
特に三代目の宇宙の意識のような作品の数々は、
超絶クールで、エネルギーが放散されたり、
集中したりしていました。また、水の入ってない皿なのに、
豊かで清い水が溢れてくるような印象を受けました。


その後、宇佐美駅まで行って、
「金目鯛の宿こころね」というペンションに行きました。
そこの料理が素晴らしくうまかった。
ので、大きな写真でまとめて掲載します。

まっすぐ歩けないくらいお腹いっぱいになりました。






海が見える源泉掛け流しの露天風呂があって、
建物の中も外も、とてもよい雰囲気で感動でした。
あと、宿の人が実に親切でした。



翌日


伊豆高原へ行きました。

駅員さんが皆アロハシャツを着ていましたが、
この日は、雨が降って、肌寒かったです。

高原からバスに乗って、シャボテン公園前まで行きました。
しかし、シャボテン公園には入らずに、
ろう人形美術館まで行くことにしました。


雨の中を十五分くらい歩きました。


ろう人形美術館は、すごい迫力でしたが、
不気味で、怖かったです。
子供が怯えて「入りたくない!」と叫んで、
親が「あんたが入りたいっていったんでしょ!」と、
叱っていました。


大室山があったのですが、
深い霧で覆われて、上がさっぱり見えませんでした。




せっかくだからロープウェイに乗って頂上へ行きました。


真っ白で、何も見えませんでした。




帰りに小田原で、うまい寿司屋に寄って帰りました。

どれもうまかったのですが、寿司以外にエスカルゴや、
ピザやワイン、コーヒーまでなんでもあって、
頭が混乱しました。


ところで、ひのじさんと旅行に行くと、
雨が降ることが多いと感じていたのですが、
計算すると、71パーセントの確率でした。