小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



おのしゅうと会ったり、買い物をしたり。眠い。

ゆっくり起きて、正午にジムに行って運動。
日曜の昼は空いていました。メニューを消化して、
露天風呂に入ってのんびり。


今日は原付で来てたので、これからうどんでも食べて、
横浜ベイサイドマリーナへ靴を買いに行こうと考えていたら、
おのしゅうさんが、杉田劇場へ行くとつぶやいていました。
杉田劇場はベイサイドマリーナへ行く途中に位置しているので、
先回りして驚かそうと思いました。


ちなみに、おのしゅうさんが杉田劇場へ行くのは、
十一月二十九日(日)に「おのしゅうナイト」という
イベントを杉田劇場で開催するので、
その施設利用料の入金のためです。
みなさん、来るといいと思います。入場無料。


杉田劇場に先回りして待っていたのですが、
全然おのしゅうが来ないので、行き違えたかと心配になり、
劇場を出たらおのしゅうに見つかって、
なんか変な感じになりました。

「この上が杉田劇場です」


で、施設利用の受付をして、
僕はベイサイドマリーナへ行きますと言って別れました。
前にREGALの靴を買ってよかったので、
REGALの革靴を物色していたら、横にやけに接近してきて、
僕の置いた靴をすぐに取って眺めて、移動したらついてくる男がいて、
こわい!と思ったら、


おのしゅうさんでした。


さっき僕が驚かしたので、逆どっきりを仕掛けに来たようです。
そして、ちょうどよかったのは、REGALがいまセール中で、
二足買うとそれぞれ二千円引きになるということだったので、
おのしゅうさんにも靴を買ってもらって、得したことです。
おのしゅうさんは、靴を買うつもりはなかったそうです。


それからおのしゅう一押しのタケオキクチというブランドの
白シャツを一枚購入。おのしゅうはラコステのバッグを購入。
ショッピングを楽しみました。

買い物後のおのしゅう。


それにしても、どれも五十%オフとか書いてあって、
得した気分になりました。そう、アウトレットモールは、


安いところがいい!


で、今度こそほんとにここで別れて、家に帰りました。
あ、そうだ途中で近所の中華飯店でチャーシューメンと
半チャーハンを食べたら満腹になって、家に帰るなり昼寝。
起きたら五時。日曜の五時って、さみしいね。とくに寝起き。


さみしさに駆られて、上大岡まで散歩。
京急百貨店の中をぐるぐる回っていたら、
そういえば革靴は買ったけどスニーカーを買ってないことを
思い出して、かわいらしい青いスニーカーを購入。
したら、抽選券をもらったので、それを投函。


この抽選券の賞品を見たら、めずらしいタイプで、
「あなたが決めたプランで貸し切りバスツアー」とか、
「モデルさんに服を決めてもらって大変身」とか、
体験型のものが五つくらいありました。
どれがいいかなと迷ったのですが、どうせ当たらないだろうと、
当たらないなら、いちばん当たってほしくないのにしようと、
テレビ神奈川でレポーター体験できる」というのに、
丸印を付けました。こういうのに限って当たりそう。


夜は、自室で読書をしたりしてすごして、
瞑想をしていたら、また眠ってしまっていました。
眠いときは、眠って、眠って、もう眠りたくなったときに瞑想。
そうするのがよいと思います。きっと疲れているのでしょう。

靴とかシャツを新しくすると、会社へ行くのが、
ほんの少しだけイヤじゃなくなるね、単純ね。