読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



焼き鳥屋の前を通った。眠い。親子丼食べた。

生活

三、七、十一月は調子が出なくて、
これらの月の前後も山を描くようにしてあまりよくない。
なので、一、五、九月しか調子がよくないわけです。
そんなことを考えると気が滅入るから考えません。


携帯やスマートフォンなどを見ながら混雑する場所を
歩かないようにしようというマナーが、
もうそろそろ広く言われてもよいのではないか。


それにしても、眠い。ふくらはぎがかゆい。
カーディガンを買った。青いのを。近頃、着て寝てます。


いつも行くジムは地元にあって、終わったら歩いて帰るのです。
鎌倉街道のあの辺りは、飲み屋が数百メートルに一軒くらいで、
十時過ぎると人通りも少なくて、たいてい閉まっています。


で、今日の帰り、風が強くて肌寒くて、
赤提灯の焼き鳥屋があって、中は明るくて温かそうだったので、
「ああ、なんかいいなあ」と通り過ぎながらちらっと中を覗いたら、
カウンターに僕と同年代くらいの夫婦らしき男女が、
紺色の揃いの作業着を着て明るく笑っていて、
次に目に入ったのは、狭い店内に五人くらいの客が、
彼らも店主と同い年ぐらいで、親しげに何か大きな声で話して、
どっと店が沸いたりしていたのでした。
客はTシャツとか着てて、いかにも近所の人って感じでした。
店の前をそのまま通り過ぎて、人間ていいなと思いました。



親子丼とぶり大根。