読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



健康診断とか、ご飯のこと。

午前中に健康診断でした。なので、朝食は抜いて、
お腹をぐうぐう鳴らしながら、クリニックへ行きました。


終わってからいつも満員になっているイタリア料理の店で、
パスタとフォカッチャを食べてコーヒーを飲みました。
デザートも付いていてうまかったけど、ひとりで入ったら、
四人座れる席に案内されて、そこで食べている間に、
二人客や四人客が何組も訪れて、満席ですみませんと帰されて、
ぼくがこの席じゃなかったら、この店にもっとお客が入ったし、
お客さんもよろこんだのにと、すまない気持ちになりました。


午後はとても眠くなりました。


夜九時過ぎまで労働をして、帰りました。
帰り道、ふとマンションの窓が目に入りました。
曇りガラスの中に女の人がいて、そこに寄りかかって、
テレビでも見ているような姿勢でした。
ぼやけた輪郭がやさしく広がっていて、
なんか、長生きしてほしいと思いました。



ご飯


豚肉を焼いたのとポテトサラダと、油揚げとしめじの味噌汁。

ハヤシライスとサラダ。