小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



はやく冬に切り替わってほしい。文学フリマに出ます。

枯葉が一枚、往生際わるく木にしがみついていて、
季節の変わり目が長引いて、困っています。
一昨日、地下鉄に吹き込んできた風が強烈に冷たかったので、
いまこの時点を境に、歯車が冬に切り替わって、もう来年三月まで、
絶対に逆転することはないと思い込んだのでした。


で、厚い掛け布団を被って寝たら暑い。
夜中から暖かくて、厚い掛け布団だと暑すぎたのでした。
ところがもう冬だと信じて疑うことができなかったので、
そのまま真剣に眠ろうとしたのですが、
眠ろうとするほど全身がむずむずして、
三時過ぎまで目覚めて布団は乱れて、かゆくて、
トイレに立って、洗面台で自分の顔を見てげんなりし、
あーもうだめだ、と開き直って小さな電気をつけて、
胡坐をかいて文芸書をめくっていたら、
眠さの火種が遠くにあるような気がしたのでした。


朝八時になって起きたとき、
夜に神経が荒れていたとは思えないほど、
寝起きがよくて、どういうわけだろうと思ったのですが、
「自分は四時間くらいしか寝てないんだ」
と改めて振り返ると、神経がどんよりして、
体も重たくなってきて、そうだろう、これが、
「四時間しか寝てない時の状態だろう」
と変にしっくりきて、あまり無理しちゃだめよ!と、
天からの声が鼓膜を通さずに脳内に響いたので、
そうだよな、こういうときは少しゆっくりしようと
午前半休をしたのでした。注意しよう。


はやく冬に切り替わってほしい。
もっとも神経に負担になる時期は、
バランスのよい食事と規則正しい生活をする。
荒々しい変化の波を耐え凌ぐのみです。



あと、そうだ。

11/3(木・祝)
文学フリマに出店しますので、ぜひ来てください!
場所は「東京流通センター 第二展示場(Eホール)」です。
アクセスはこちら
突き抜け派のブースは、入ってすぐの「A-06」です。


収録作品は次の通り。A5版106ページで500円です。
クレカ‐トライブ たかはしりょうた
リプライ 吉俊
マチゾウ 阿藤智恵
ルナティック・イドーン/夢三つ しーなねこ
馮河 イガラシイッセイ
甘い乳 ひのじ


今回の見どころは、あのTogetterを作った
吉俊さん書き下ろしの小説が読めるところです。



ごはん


10/30
すき焼煮と焼き魚を食べた。なぜか落ち着かない日で、
ジムに行った後に夜九時半まで外を散歩したり、
マクドナルドでコーヒーを飲んで読書をしたのだった。



10/31
ちらし寿司。味噌汁があったそうだけど、
食べ終わってから、あったことに気づいたのだった。
ジムへ行った。月に十回行く目標はぎりぎり達成できた。



11/1
焼いた鯛と、れんこんで肉などを挟んで揚げたもの。
今日はどうにも体が重たくて半休をしたのだった。

おやつ


よしけんさんから頂いた、ずんだどらやき。
静かな甘さで、ほのぼのしておいしかった。
ありがとうございます。