小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



Make: に行ったのだった。

日曜日、東京工業大学の大岡山キャンパスで開催していた
Make: Tokyo Meeting 07」へ行きました。ひのじさんと。

赤青のセロファンメガネを使った原始的な立体映像を、
このプラネタリウムの中で見たのですが、予想に反して、
すごい迫力でした。これは実際に体験しないとわからない。

脳波でランナーを走らせるゲーム。
集中力が高まるとスピードが上がるのですが、
ひのじさんは最高記録に近いタイムを叩き出して、
対戦相手(コンピュータ)をぶっちぎっていました。

ガチャガチャ歩く、人間が乗って動かすロボ的なもの。

GoogleStreatViewで立ってる黄色い人。

工業系の雰囲気、落ち着くわあ。


来年は僕もMakeに出展したくなりました。
脳波によって、内容が変化する短い小説とか。
iPadにお寿司をのせると、それを判定して寿司台になったり、
肉をのせると網と肉が焼けるアニメーションが表示されるのとか。


会場には、YUさんやキムくん、あさひさん、春昆布さんもいて、
yositosiさんは出展していたり、友人がたくさんいました。
みんなで焼肉食べたりして帰りました。