読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



そうだ目標を忘れてた、世界の平和と人類の大願成就だ。

生活

そうだこのブログのテーマというか、
僕の生きる目的のようなものというか、
生き物としての使命みたいなものは、あれだったのだ。
そう、「世界の平和と、人類の大願成就」だった。
それがいつの間にか、すっかりこのざまですよ。


世界の平和のためには、まず発言力を高めること。
そのための「プロジェクト・セレブ」であったのだ。
最近、セレブになる熱意がなくなっていた。
こんなことではいけない。いけないのだった。
世界の平和と人類の大願成就に貢献できないなら、
生を授かった意義がない!本分を全うするのだ。



ところで、小説教室に通っていて、三回目の講義がありました。
講義もいいのですが、クライマックスは講義後の飲み会で、
先生が焼酎をがぶ飲みして、わけがわからなくなってきてからです。
先生は酔うと何を言っているのか、とてもわかりづらくなるのですが、
とにかく毒舌になって、僕は非常に感銘を受けるのでした。
自分がはずかしくならないものを書こうと思いました。


僕は、すべてはずかしい。
そういえば、コーデノロジストの荒川修作氏が
「自分が人間であることがはずかしい」
みたいなことを言っていたけど、それくらいになりたいな。
それくらいの客観がありつつ、はずかしくならないものができたら、
どんなに素晴らしいことかな。


とにかく、活動をする。サイクルを回す。
1.たくさんの人と会って刺激を受けるようにする。
2.刺激を受けて、活動のモチベーションが上がる。
3.いろんな活動をして発信する。
4.発表したものが広まって新たな人と出会える。


サイレンツの漫才も、iDishみたいなネタも、
リアル桃鉄みたいなイベントも、小説も、プログラムも、
それぞれがうまくかみ合って、相乗効果が出るように。


みなさん、今後ともよろしくね。