小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



カレーを食べて自分を振り返ったりした。とにかく寒い。

火曜の昼はイガラシイッセイ氏と、
アロックというインドカレー店へ行くのが恒例で、
今日はマトンカレーを注文したらチキンカレーが出てきました。
チキンを一個食べたところで、マトンカレーと交換されました。
最近読んでいる本などについて話したりしました。


昨日読んだ『スマートノート』という本に
天才の三要素は発想力と表現力と論理力だとあって、
我々はどのへんが弱いかと分析しました。
僕は特に論理力が弱いと思いました。
自分ではすごく論理的だと思っていたのですが、
自分の中にある論理がいきなり結果になって、
変な行動になって出てきてしまうことが多々あり、
その論理構造を自分が把握できていないところが、
まずいというか危ういと思いました。
小説を書いたり人を説得するには論理力が欠かせないので、
磨こうと思いました。


イッセイ氏は表現力ではないでしょうか。
小説を二百枚ぐらいきちっと破綻なく書く論理力と、
奇抜な内容を思いつく発想力が堅実だと思うのですが、


「どうも読む気が起きない」


というところがありますよね。
いや、僕だけが言っているのではありません。
イッセイ氏の小説は、おもしろいんですけど
近寄りがたいというか、読みたいという気持ちに
なかなかなれないのが、本人も気にしているところなのです。


頑張っていきたいです。





もっとも強いものが生き残るのではない。
もっとも賢いものが生き残るのではない。
唯一生き残るのは、変化するものである。
チャールズ・ダーウィン種の起源』より)

それにしても寒い。

去年はこんなに寒くなかったと思います。
霜柱が二センチぐらい立っていて、久しぶりに見た感じがしました。
妹から聞いたのですが、
近所の幼稚園児が霜柱を指して、


「見て見てー!ここにも人柱があるよ!」


って言ってたらしいです。おそろしいことです。

おそろしいといえば、

年末から年始にかけてすさまじい精神的圧迫を受けた
サーバーによる処理がまた始まりました。
同じようなことにならないように様々な代替案を検討しましたが、
どの方法も解決には至らず、なかなか手が空かないまま、
また月末となってしまいました。
サーバーがまともに処理を完了するように、
もはや、祈る以外にありません。
こんなことを毎月続けていたら、
いつしか祈祷師になってしまいます。
それとも人柱が必要なのでしょうか。


鼻の奥というか喉のあたりが、
うっすら痛いです。腫れている感じがします。