読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



凸凹キッチンへ行ったのだった。

生活

金曜日の夜、高田馬場の凸凹キッチンへ行ったのだった。
ランチでは何度もうかがっていたのですが、夜は初めて。


九時ラストオーダーだったのですが、
うっかり九時十分頃入ってしまったら、
いつも快活なお姉さんが
「いらっしゃい、いいですよ」
と言ってくれて助かりました。
窓際の席で待っているとひのじさんが来たので、
ビール中瓶を二人で分けて、魚と肉の料理を食べました。
とても落ち着く雰囲気で、贅沢な時間に浸れます。



(これは昼に来たときの写真)


で、注文のとき、お店のお姉さんに
「変なこと言っていいですか?」
と言われたので、な、なんですかと聞いたら、
僕とひのじさんのブログをご覧になったとのことでした。
お店のことが書いてあったから検索して辿り着いたそうです。
少し照れましたが、とてもうれしかったです。 


いいお店ですよ、ほんと。
コーヒーを飲んで帰りました。