読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



連休に入ることになった。読んだ本。

三月末までに五日間の有休を取るルールになっていて、
三月一日から七日まで休む予定でいたのですが、
前にも書いたポンコツサーバーが怪しい動きをするため、
二日からの休みになりました。


もともと三月は僕がもっとも神経を削がれる時期で、
というのもおそらくは、季節の変わり目の気圧変動で、
毎年かなり変な感じになってしまうので、
この時期の連休は非常に助かるのでした。
それと、ずっとばたばたして、
きちんと自分について考える時間を持っていなかったので、
この機会に一年の計を立てたいと思います。


で、突然ですが、しーなねこのビジョン、ミッションを
ここに書いておきたいと思います。僕の覚え書です。
ついつい忘れがちになっていたのですが


「世界の平和と人類の大願成就」


ですよ。具体的には面白いことを考えて実行して、
できるだけたくさんの人を楽しませること。
そして、仲間とのつながりを広げて、深めて、
皆が新しい視点をもって楽しく暮らせるようにする。
こういうことを繰り返していけば、
世界平和のほんの小さなところに貢献できると信じて
様々な活動をバランスよく行っていくのでした。


上記のビジョンとミッションについて、自分の役割としては、
いくつかあって、会社員、へもいっ子クラブの代表、
ブログを書く人、変なことをする人、小説を書く人、
ヒトとしての自分、深いつながりの自分などがあります。
これらすべての役割をバランスよく実現することで、
相乗的にすべての役割で生産的でありたいと思います。
役割に対する具体的な目標としては、次のようになるかな。

○会社員
 ・ビジネスについて学ぶ。
 ・企画を考える。
○へもいっ子クラブ
 ・たくさんの人と交流して楽しくすごす。
 ・新しい仲間を増やす。
○ブログを書く人
 ・ブログを書く。考えをまとめる。
 ・いろいろ体験したりする。発表する。
○変なことをする人
 ・おもいついたことを実行する。
 ・イベントなど開催する。
○小説を書く人
 ・小説を書く。文章を勉強する。
 ・小説を読む。人間を知る。
○ヒトとしての自分
 ・運動して体力を向上させる。
 ・瞑想して精神を安定させる。
○深いつながりの自分
 ・宇宙や愛について学ぶ。
 ・人間を理解する。自分を知る。


上の目標は「論理」と「発想」と「表現」の各分野にわかれて、
それぞれの力を高めるよう努力したいものです。
で、あとはこの目標から具体的な活動に落とし込んで、
インプットとアウトプットのバランスを考慮しながら、
日々のスケジュールとして組み立てていく。
こんなことを連休中にしっかりやっておきたいよ。
あと体をゆっくり休ませたい。



読んだ小説

文学界 2011年 12月号 [雑誌]

文学界 2011年 12月号 [雑誌]

『耳の上の蝶々』(シリン・ネザマフィ)を読んだ。
著者はイラン出身の女性で、日本語で小説を書いている。
文化の違いや、日本の習慣や景色が、
客観的に美しくおもしろく描かれていた。
ところどころ、あれ?となるところも魅力になっている気がした。
素敵な読後感で、ジブリの『耳をすませば』を思い出した。


もし日本人がこれを書いていたら、だめなのだろうな。
イラン人が日本語で、きちんと日本の小説のかたちで、
情緒などを含めてしっかり書き上げてあるから、
この人にしか書けないユニークな作品になるのだと思った。


すばる 2012年 03月号 [雑誌]

すばる 2012年 03月号 [雑誌]

『今井さん』(いとうせいこう)を読んだ。
テープ起こしを職業としている男の独白。
音声と文字の意味について深く考えさせられる。
また、特殊な機械を使って黙々と孤独に丹念に
仕事に没頭する様は読んでいてぐっとくる。
ラストは狂気を感じてぞっとするけど、