読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



自宅でゆっくりすごした。すこし外にも出た。

休みだったのでよく寝坊して、ゆっくり起きて、
居間に出てきてお茶を飲んだ。雨音がしていた。
テーブルの上にあった昨日の夕飯のコロッケを食べて、
自室にもどって、小説教室の小説を読んだ。

うとうとして夕方の四時に起きた。
前々から肋骨の辺りがいたかったので、
近所の内科に行くことにした。
それにしても、毎週身体のどこかがわるい。
雨は小降りになっていたが、外に出るのは億劫。
日が長くなって四時半でも明るくなったことに
背中を押されて家を出た。暗かったら行かなかった。


診療所で血液を採って、来週また行くことになった。
お医者さんは、まあ、ずっと我慢できてたから、
たいしたことないと思いますよ。と言っていた。
帰りに、桜餅とヨーグルトと蜂蜜を買った。

夕飯は秋刀魚と大根とイカと里芋と味噌汁。
黙々と食べ、自室にもどり、照明を落とす。
柔らかいオレンジの明かりの下で白檀の線香を焚く。
小説の続きを読んだ。
ふと思い出したことがあった。
居間に置いてあった『江戸の学び』という図説の中に、
印象的な絵があったのだった。それを再び見たくなって、
居間に行ってぱらぱらと捲って目的のページを探した。
あった。歌川国芳の画。



これが、どう見ても、


「Choo Choo TRAIN」


にしか見えないのだった。
画が示すことは分からないが、きっとこういうことだろう。
大事を成すためにはEXILEブームに反発するのではなく、
我慢して彼らの股の下をくぐり、
大衆消費社会でウケる時代感覚を身に付けなくてはならない。
さもなくばフルボッコにされる。
そういう心学の教え。


ゆっくりページを閉じ、タモリ倶楽部を見る。
僕もタモリ倶楽部に出れるような一角の人物になりたい。
EXILEにも入りたい。