小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



とても眠い。春。

土曜日は小説教室、新宿。新しい期が始まった。
イガラシイッセイ氏と、たかはしりょうたさんが、
新しく加わって、おかしくて笑ってしまった。
横一列になって、ちょっとはずかしいのですが、
ぼくが「ためになるわあ」と何度も言ったからかな、
本当にくるとは思わなかった。おもしろいからいいか。
刺激を受けて成長できたらと思う。


日曜はジムで運動。火曜もジムに行った。
負荷をかけすぎたみたいで肩がいたいので、
上半身のトレーニングはあまりしなかった。
有酸素運動を二十分、サウナに十分入る。

マンションの裏口の桜の木を上から撮影した。


月曜の夜、とても眠くて、夜の九時半に寝た。
すると翌日の四時に目が覚めた。しばらく本を読んで、
五時にふたたび寝た。八時に起きた。眠かった。


朝、東海道線に乗って窓から隣のレールを眺めた。
二本のレールの上は鏡のように滑らかに光っていて、
ずっと見ていてもずっとそこにあった。
日陰に入ると白く光る。
二本のラインだけが固定されて、
まわりが流されているみたいだと思った。
線路がこちらに近づいてくると、レールの間の幅は広く、
向こうに遠ざかっていくと、幅が狭くなるのがわかった。
レールが土手を上って見えなくなると、
あちこちで開いている桜や、古い家にも注目した。
で、またすぐにレールが下りてきて見えるようになった。
いつまで見ていても飽きなかった。


夜、雨が降って、なんかゆううつになった。


とても眠い。