読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



おのしゅうナイト2で漫才をした。あと、日食を観た。

生活

おのしゅうさんという中学教師がいるのですが、
この人が落語会をやりたいと言い出して、
ついては、僕を家元として
「ヘもい家(へもいや)」
という屋号を名乗りたいと言っていたような気がしたので、
いいですよと適当に返していたら、いつの間にか、
「ヘもい家己祝(へもいやおのしゅう)」
という名前になって、
落語会が開催されてしまいました。

落語をする、ヘもい家己祝。


僕はゲストとして呼ばれました。
「サイレンツ」というコンビで漫才をしました。
二〇〇八年のM−1グランプリで準々決勝まで行き、
若手漫才師の憧れの舞台と言われているらしい、
ルミネtheよしもとの板を三回目の漫才で踏んでしまい、
「関東最強のアマチュア漫才師」
と一部で呼ばれたことがあったため、
おもしろい人だと勘違いされているのです。
もう何をどうすればおもしろいのか
さっぱりわかりません。というか、
二〇〇八年以前から、今も、ずっとわかっていません。
自分でも自分のことが、まったくつまらないのです。


落語会の中入り後に大喜利があり、そこにもでましたが、


僕はずっと暗い表情(答えを考えている)をしていたことが、
写真で明らかになりました。まるで取り調べを受けているようですね。
ちなみに右の女性は、ウケを盛んに取っていた、まいこ☆マギカさんです。



漫才は、会場がアットホームだったため、
笑いはそこそこありましたが、
やっぱり、昔の方が何かに乗ってた。なんだろう。


その他の演者の皆さん、おもしろい。

史上埼京の落伍家、臨海亭東雲さん。

奇術師、まいこ☆マギカさん。

ヘもい家喜夢(きむ)君。落語している写真が
ありませでした。すみません。


それにしても、これまでのへもいっ子イベントの中で、
もっともクオリティが高いイベントに仕上がっていて、
ビビりました。
まいこもりすさんの三味線がよかったのだろうな。


僕も計画的に、おもしろいことしたい。



金環日食。

金環食はベランダから肉眼で見た。
雲のなかの太陽が、かじられたまんじゅうみたいになっていた。
と思ったけど、まぶしくて一瞬しか見れなかったので、
ほんとうにそういう形だったのか自信がない。
しばらく、目を閉じると瞼の裏に、
三日月形の白いものが見えた。
それから着替えて会社に行った。


写真は撮らなかったのですが、
イッセイさんが、たいへんうまく撮っていたので、
写真を盗んで掲載します。

オリジナルはこちら(イッセイ氏のページ)
見に行ってください。