小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



あっという間に一日が終わる、はやく寝ないと、と思う。

なんだかあっという間に一日が終わる。
はやく寝ないと明日が眠い。
けどつい一時まで起きて、七時に起きて、
というと六時間は眠れているのか、そでれも眠くて、
定時になって帰って一息ついたら、寝なきゃな時間。


小説を書きたい、書かなきゃと思っているのに、
全然すすんでいない。電車の中で小説は読んでいる。
ののほさんにお借りした、ミランダ・ジュライの短篇集。
『いちばんここに似合う人』岸本佐知子さんの訳。

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

いちばんここに似合う人 (新潮クレスト・ブックス)

ミランダ・ジュライの映像は、
『君とボクの虹色の世界』を観ただけだけど、
小説はまるでこの映画の世界のような体感を覚える。
あともうひとつ見たことあるのは、
横浜トリエンナーレ2008での「廊下」という展示。
廊下にいろんなメッセージが貼ってあって、
それを読みながら実際に歩くというもの。

こういう実験的でキュートだけど切実な、
なんていうのだろう、わくわくするけど不安で、
ちょっとブッ飛んだものが、小説にも映像にも展示にも、
根底にあって、これがこのひとの型なのかと思った。
どんな作品にもこういう哲学みたいなの必要だよな。

今日は

久しぶりにジムに行って運動をして帰った。
約ひと月前に足の甲が腫れて走れなくなったり、
大胸筋を厚くしようとしてチェストプレスで、
負荷をかけすぎて右肩を痛めてしまったりして、
丸一ヶ月行っていなかったのだ。行かないと損なのだ。


で、今日は軽めにおそるおそる運動をして、
サウナに五分入って短い瞑想をした。
汗を流すとポジティブになる。やってよかった。
あと気づいたことがあって、
ランニングマシンで走っているときに、
おもしろいこと、わくわくすることを考えると、
無意識にほんの少しだけど、早く走っているのだった。


早く走ると手が前にあるパイプに当たるのでわかる。
自分が一体何をすると、自分をよろこばせることになるのか、
意外とわからないことが多いので、この方法は助かる。
ある種のOリングテストみたいなものなのかな。
と思って、Oリングテストのことを調べていたら、
ソニーがOリングテスト装置の特許を取っていておどろいた。


まあ、足も肩もそろそろよくなってきたので、
適度に運動をして、体力をつけて、時間を作って、
いろいろやっていきたいと思う。あと、お酒も飲もう。
みなさん、風邪とか引かないようにね。