小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



エネルギーを使うことをすごくおそれている。

月曜・水曜とジムに行った。
先週は、火曜・木曜に行った。
週二回を目標にしているので、今週は達成できた。
近ごろ、身体がとても固くてつらくなってきたので、
ストレッチをするようにしている。

無理をしないのが続けるコツなのですね。
でも、僕は無理をしないどころか、
エネルギーを使うことをすごくおそれている。
高校で持久走をしたときから、途中で力尽きるのがイヤで、
最初から最後まで、エネルギーを温存して走るタイプだった。
なるべく疲れないように。疲れないように。
きっと全力を出している自分を見られることや、
ペース配分を失敗してリタイアすることが、
恥ずかしかったのだと思う。誰も見てないのに。

人生も、いろいろ温存し続けてるうちに寿命が来て、
ああ、もっと楽しく生きることができたかもと、
後悔するんじゃないかという気がした。
たとえば、種の中に、
成長して木になって枯れるまでのプログラムや、
エネルギーが圧縮されて含まれているみたいに、
人間の中にそもそも含まれているエネルギーがあるとして、
それを寿命まで過不足なく自然にすべて使いきれる人って、
どのくらいいるのだろう。


帰り道、頭の上でヂヂヂという音がしたので、
見たら虫を感電させる青い光だった。
わりと大きな音がしたので、
虫もわりと大きかったのだろう。
粉々になった虫が、頭に降ってきてたら、
かなしいと思った。
いつ粉々になるかわかったもんじゃない。


家に帰ったら、先日注文した日本酒
超超久が届いていた。和歌山の日本酒。
すっきりして香りがよくて、冷やして飲んでうまい。

煮魚と食べたけど、刺身に合うと思った。
あと家で飲むより、多少騒がしくて、
雰囲気のあるいい店で、友人と飲む方がうまいと思った。
「これ、うまいねえ」とか言い合いながら。