小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



食べたものや、尻尾を踏まれた猫や、習慣のこと。

食べたもの40種類。
よく食べているなあ。ありがたいです。


この頃ちょっと、食べ方のバランスが崩れている。
夜にいっぱい食べてしまう。すると朝、
胃がもたれて、あまり食べられずに空腹のまま昼になる。
昼もまだ本調子でないので、かるくサンドイッチと、
コーヒーなどですませてしまうと、
夕方から猛烈におなかが減る。
それでジムに行ったりして家に帰ると、十時過ぎになっていて、
腹ペコで満腹までご飯を食べてしまう。
で、寝る。と朝、胃がもたれる。
の繰り返し。いい加減、なんとかしたい。


江ノ島に行った時(2012.10.06)のこと。

カフェーマルというカフェの人通りの多い床に
猫が寝ていて、みんなその猫をまたいで動いていたのだけど、
最後に入ってきたお客さんがまさか猫が寝ているともしらず、
尻尾を踏んでしまったのだけど、猫は驚いてはいたものの、
静かなものだった。そして、店員さんが猫を両手で押して、
端っこにずずずーっと寄せていた。猫は寝たままだった。
しばらくして起きて、どこかへ行った。

これが尻尾を踏まれた猫。


先日はどうもイライラした。
きっと気圧変化や花粉やしないといけないことがあって、
それがラットの尻尾に付けられたクリップのように、
ぼくにストレスを与え続けていたのだ。
規則正しい生活をして、花粉症の薬を飲んで、
やることをしていれば穏やかにいられたと思うと、
そうしなかった自分に、またイライラした。


はてなブックマーク人気エントリー
英語学習やダイエットや自己啓発のタイトルを
よく目にするけど、実際にやってできた人はいるのだろうか。
ぼくは読むだけで、何かの機会にやろうと思ってそれっきり。
それでまた新しいそれっぽい記事が出たらまた読む、
の繰り返し。いつも時間を浪費しています。


こうやって書き出してみると、
自分ではわるいと思って、何とかしたいと思っていることが、
できないまま、繰り返されていることに気づいた。
いけないね〜。今日をもって、わるい習慣はきっぱり断つ。