小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



料理、おこめまつり、ヘもいオブザイヤー2012

一二月一六日の日曜日、いつもの人びとで、
大井町の調理室を借りて料理をして、食事をしました。

こういうことをしたのは、家庭科の授業以来です。
中学当時のぼくは調理実習中、完全なデクノボーになり、
何かしないといけないけれど何をしてよいかわからず、
うろうろして、最終的に邪魔にならないように、
遠巻きに班員を見守る位置に着けていましたが、
いまのぼくは、比較的てきぱきと食器を洗ったり、
椅子を出したりして働き、ああ、ぼくもようやく、
人間生活の断片を自然に担えるようになったのだと思いました。


なおさんが誕生日ということで、
なおさんご希望の魯肉飯(ルーローファン)と、
蔭鼓蚵仔(牡蠣のモロミ炒め)、カレーなどが作られました。


どれもおいしかったです。

よく見ると、ケーキは動物たちの楽園となっていました。


また、小宮山さん発案の「おこめまつり」も開かれました。
炊きたてご飯に合うおかずを持ち寄って、
ナンバーワンのおかずを投票で決めるというものです。
持ち寄られたおかずは、二十数点にのぼり、
あごおとし、海苔の佃煮、牛肉のしぐれ煮など、
どれも大変にうまく、ぼくはご飯を四杯食べました。



優勝したのは、よしとしさんの「鶏のマーマレード煮」。
ずっと煮続けた根気の勝利と言えるのではないでしょうか。
ちなみに、よしとしさんによる作り方はこちら。

スライスしたニンニクを油で炒めたら、
そこに皮つきの鶏もも肉を入れて軽く炒めて、
そこにお肉の半分より少ないくらいのマーマレードと
そこそこの醤油を入れて混ぜる。
鶏の油が大量に出てくるけど、それをひたすら煮続ける。
汁が減ってきて濁りが無くなって透明になったら出来上がり。


そして、恒例になりつつある
「へもいオブザイヤー」の発表です。

腹巻きのシルエットが見事に浮き出ている、
へもい代表のしーなねこ。
それでは、結果です。


ヘもいオブザイヤー2012
受賞者:「猪瀬さん・hassy夫妻」

選評:
2012年、へもいっ子たちは堅実な生活を送り、
突出した「へもさ」を表す者もなく、
全体として「へもさ」は低調であったように思う。
それは人間として、ある意味喜ばしいことでもある。
「へもさ」とは宇宙(藝術)と生活の両極の間で、
宙ぶらりんになる虚無感のような触感である。
どんなに理想を追い求めても人間であるからには、
働いて食べて寝て生活をしなくてはならない。
逆もまた真なり。働くだけが人生ではない。
そのようなことを、猪瀬さん・hassy夫妻は、
瓜ボーズライブやhassy体操などのアクティビティと、
その対極に位置する結婚・出産・引越しという
怒涛の生活とを結晶させ、我々に先立って、
へもさの新しいスタイルとして提示してくれた。
よって授賞とした。おめでとうございます。


いやあ、ヘもいオブザイヤーを発表すると、
もう年の瀬という気持ちになりますね。