小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



振り返り日記〜その1

2013年は、すごかった。
12年の末からお正月はインフルエンザで寝込んで、
十二指腸潰瘍と胃潰瘍が見つかったり(どちらもひどくはなかった)、
2月も具合わるく過ごしていて、生きづらく、どうにも暗かった。
精神的にも厳しく、客観性を失って、見苦しい感じになっていた。
体質や認知を変えないと、沈んでいく一方だという恐れがあったり、
しばらくやっていなかった瞑想を、必要に迫られて再開した。
ゲシュタルト療法や交流分析の本などを読んだり、
フェルデンクライス身体訓練法や、整体について、
ソマティック心理学の本を読んだり、施術してもらったり、
気をうまく循環させることを意識して過ごした。
ダンマパダやスッタニパータやら仏教の本も読んだ。
http://instagram.com/p/hGDF6tCwij/
そうしたら、じわじわと心身が元気だった頃の調子が、
もどって来たというか、いままでにないくらい、
自然で穏やかで気持ちのよい状態になってきたのだった。
モテたいとか、知名度を高めたいとか、お金がほしいとか、
そういう欲求が次第に薄れていって、夏になる前には、
生まれて、生きて、死ぬだけ。それでいい。
みたいに思うようになって、生きやすくなっていた。
こう書くと、ちょっとおかしくなったんじゃないかとか、
悟った感じになったと思われるかもしれませんが、
まだまだ俗です。よく飲みすぎますし。健康が一番ですね。
http://instagram.com/p/igNo7Liwov/
今年よかったのは、どんなことも起こるべくして起きて、
長い目で見れば、必ずよい方向へ向かっていくということを、
信じられたこと。悪いことが起こったように見えても、
その悪いことのおかげで、成長できて生きるのが楽になる。
風邪を引いて熱が出るのは、体の中のウィルスを倒すためで、
苦しくても熱を出さないことには、決してよくならない。
心の問題はウィルスみたいなもので、ストレスにさらされたときや、
同じ問題を持っている人と接触したときに、過剰な反応が表に出る。
そして、衝突してトラブルが起こるべくして起こる。
いざこざで、熱を出すみたいに、長く苦しむ。
苦しむ中で、自分の心の問題が感じられるようになったら、
問題が生まれた時点まで遡って探って、
歪んだきっかけ、傷をきちんと認識する。
歪みは治らないかもしれないけど、歪みや傷は自分に統合されて、
問題にならなくなる。気付かずに曲がってしまったのではなくて、
わざと曲げているように見せられるようになれば、
芸みたいな、おもしろい味わいになる。のでは、と思った。
http://instagram.com/p/igGof2CwiW/


今年はよく旅行をした。あとイベントもいろいろあった。
3月に山口・大分・福岡を旅行したのがとてもよかった。
しーなねこの旅 山口→大分→福岡 - Togetterまとめ
http://instagram.com/p/WuAkfuCwic/
山口の叔父さん。
http://instagram.com/p/WyGhQRiwjQ/
門司港のお寿司屋さんと記念撮影。


5月のゴールデンウィークには、仙台と宮城へ行った。
イッセイ氏と「リアル桃鉄 in 仙台」をした。
http://instagram.com/p/YtyOFvCwrD/


5月末、たくさんの人と「リアル桃鉄2013」をした。
6月、おのしゅうナイトで漫才をした。あと凧揚げもした。
7月、自転車をいただいて乗りまくった。
8月、エクストリーム出社をあまやんさんと開始した。
それからは年末までずっと駆け抜けた感じ。年始もまた。
http://instagram.com/p/cr7F7riwl5/
http://instagram.com/p/eMWKVmiwvn/


9月、群馬の高崎へ遊びに行った。
鎌倉、箱根、高尾山。秦野、三浦半島。あちこちで遊んだ。
東大島でカヌーを2回したり。茅場町からEボートにも乗った。
宮城、石巻、女川へ旅行をした。さんま、うまかった。
おながわさんま収穫祭へ行った・前夜祭の花火も見た。しーなねこ旅行 - Togetterまとめ
http://instagram.com/p/ei_MIPiwlg/
朝日さんと。
http://instagram.com/p/ejCmN5Cwsb/


12月、金沢。おいしいものをいっぱい食べた。
金沢旅行 2013.12.21~22 - Togetterまとめ
http://instagram.com/p/iKqoQECwpA/
http://instagram.com/p/iNReKZiwm8/
http://instagram.com/p/iNjqqjCwii/
内灘。すごい光景だった。


12月15日に、エクストリーム出社シンポジウムがあった。
アップルストア銀座のシアタールーム。テレビカメラも入って、
朝9時から盛り上がった。会場がアップルストアなので、
ぼくはジョブズのコスプレをした。真面目なイベントなので、
もし「コスプレ禁止です!」みたいなことになっても、
「あれ? 偶然ジョブズさんと同じ格好になってる!」
と言い訳できるような、無難なコスプレ。
黒のタートルネックにジーンズ、ニューバランスのスニーカー。
アップルの方も笑ってよろこんでくれた。
f:id:shiinaneko:20131230002208j:plain
f:id:shiinaneko:20131230002210j:plain


12月13日。アフリカのモーリタニアから
帰って来たバッタ博士をお祝いする会があった。
ハカセさんは、京都大学白眉センターの准教授になるとのこと。
超すごいことだ。もう「ハカセさん」とカタカナで言えない。
前野博士ときちんと言わないといけない気がしてきている。
最初にお会いしたのは、2009年のリアル桃鉄の飲み会。
f:id:shiinaneko:20131230004517j:plain
ご覧の通り、やばい人が来ちゃったなというのが
第一印象だったのだけど、お話をすればするほど真面目で、
紳士的で情熱的で、おかしな格好をするのは、
カッコよすぎる自分を中和させるための、
照れ隠しなのではと思ったものだった。
それから4年の間に、モーリタニアで研究を続けて、
さらに魅力的になって、研究者としての成果も上げて、
こちらがちょっとへこむくらいの活躍ぶり、
いや、奮起させてくれるエネルギーで、
生き方がマジリスペクトできる博士になっていたのだった。
f:id:shiinaneko:20131230005751j:plain
博士さんの記事。ぜひ読んでください。
帰ってきたバッタ博士[前篇] バッタ博士の「今週のひと工夫」番外編:PRESIDENT Online - プレジデント
帰ってきたバッタ博士[後篇] バッタ博士の「今週のひと工夫」番外編:PRESIDENT Online - プレジデント


とりあえず、振り返り日記。
たくさんの人に支えられて、励まされて、
生きてこられていると実感できた、とてもよい年だった。