読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



鵠沼海岸で、凧揚げ空撮の生放送をした。

日曜日に鵠沼海岸で凧揚げをしたのだった。
凧揚げは、ののほさんが凧を持ってきてくれて、
メンバーはののほさんとこのネムちゃん、ハナちゃん。
そして、ヒラタケさん、小宮山さん、イッセイさん。ぼく。
で、なぜか凧を揚げている。どうしてこうなったんだろう。

普通の凧揚げではなく、
初めはたしか普通の凧揚げだったのだけど、
回を追うごとに、凧のグレードがアップしていって、
今回は幅1メートル以上の巨大で強力な凧になった。


正午に、小田急江ノ島線鵠沼海岸駅に集合。
海岸に向かう途中に、自転車の横にサーフボードを付けた、
上半身裸の男たちを何人も見て、海の男だーっとなる。
そして、海岸に出たら、すでにかなりの賑わいで、
海開きとかしてないと思うのだけど、みんな水着で、
ビーチバレーをしたり、バーベキューをしたり、
海水浴をしたりと、リア充な空気が充満していて、
凧揚げに来てるのなんて、ぼくらだけで、
なんか本当は水着でわーって駆けて行ったほうが、
精神的にいいんじゃないかと思ったのだけど、
そういうやんちゃな年齢でもなくなりつつあるわけで、
裾をたくし上げて、足で波を感じた。

「しーなさん、服のセンス変わりましたね」と言われた。

イッセイ氏が持ってきたカツサンドを少し食べて、
凧のセッティングに入る。今回は、凧にiPhoneを付けて、
空撮した様子をUstreamでリアルタイム配信するという試み。
ののほさんは、そういう映像作品を以前に作って、
賞をもらったこともある作家という一面もある人なのだ。

まず、普通に凧を揚げる。海岸は風が強いから、
走ったりしなくてもぐんぐん揚がった。

途中からiPhoneを固定した装置を糸に括りつける。
以下はiPhoneからのUstreamをキャプチャしたもの。

厚手の手袋をしないと、糸の強さで手が切れる。
そして、ふわっと、iPhoneが浮かび上がる。
その様子をみんなで見送る、のが放送される。

ふわっと浮かんで、

だんだんと、

だんだんと、

高く、高く、

飛んでいく……。


その時の録画はこちらから見ることができます。
9:30あたりからカメラが上がっていく。
糸につけたiPhoneが、ふわりふわりと上下に揺れて、
気持ちよくなってくる。
そして、空に上がって行くときの映像に、
どこか懐かしさを感じたのは、きっと、
幽体離脱していくような感じがしたからではないかな、
と思ったのだった。iPhoneは何十メートルもの上空を、
ふわふわと揺れて、マンションや海やぼくらを見下ろした。
それを浜辺で自分のiPhoneから眺める。不思議。
たのしかった。また、変わった方法で撮影をしてみたい。