小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



MMKふたたび。三十代のコピーは「モテねば。」

会社の壮行会だった。上司ふたりが部署異動になる。
十年間会社で労働をして仕事って楽しいかもと思ったのは、
エイプリルフールの記事とか、メルマガとかを書いたり、
ルートパッドを勝手に開発してプレゼンをさせてもらえたり、
自由にやらせてもらえたからで、そういう体験ができた、
はじめての部署なので複雑な気持ちになってしまった。
けれども、そんなに真剣に考えなくていいような気もした。


これから会社でやることも、広告とかSEO的なこととか、
また文章を書いたり、できればなにか作ったり、
おもしろそうであるけれども、
いきなりだけど、収入を増やしたい。
大きな家で、ラブラドールレトリバーと、
スコティッシュフォールドを飼って、
奥さんと子どもたちと遊んで暮らしたいのだけど、
このままだと、何ひとつ実現しないでおわる。
まあ、それならそれでしかたない。とも思う。


とは言っても、モテたいと思った。
今日の会で、ほとんど関係ないけど、そう思ったのだ。
なぜかというのを説明するのはむつかしい。
とにかく、休止していたMMKの再開をしようと思う。
(2008年6月にMMKは解散していたのだ。
っていうか、なんだよ、MMKって)
しかし、二十代と同じことはしない。できない。
三十代には、三十代のMMKというものがあるのだ。
コピーは、これにする。



人間修業を重ねて、じわじわモテたい。
いや、モテねば。


風立ちぬ サウンドトラック

風立ちぬ サウンドトラック