小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



あつい。ノンアルコールビールならいいんじゃないか。職場で。

あつい。とてもあつい。
社内もあつくて熱中症みたいにぼーっとしてくるので、
ノンアルコールならいいんじゃないかっていう話に、
同僚のKさんとなって、ぼくがアルコール0のビールを、
二本買って職場にもどって机にドンと置いたら、
「ちょちょちょ、しーなさん」
ってなって、やっぱりぎりぎりアウトなんだと思った。
見ためがビールっぽいから、持ってくるとき、
実はぼくもヒヤヒヤしていたのだった。


休憩時間を使って会社のまえまで出て、
そこに背を向けて腰を下ろして隠れるようにして飲んだ。
何もわるいことはしていないのだけど、
背徳感を覚えながら隠れてビールを飲んでいるという、
外部環境の方が整うと、ノンアルコールなことが、
唯一整合がとれていないものだから、
なんだかアルコールのような気がしてきた。
すこし酔うかも、と思ったけど、
まったく酔わなかった。当然だ。



それにしても、前日まで心の準備もなかったのに、
唐突に、梅雨明けだ夏だって言われたから、
どういう態度でいればいいのか混乱してしまった。
エアコンつけたり消したりして、
人見知りみたいになって、そわそわしてる。



新月の日。お酒を飲む会。
すごい豪雨があったみたいだけど、
外に出てる間は、降っていなかった。
お寿司とビールと日本酒。さいごにソフトクリーム。



あとは何かあったかな。
土日は主にプログラミングをしていた。
日曜の夕方に外に出ようと思って、
藤沢に住んでる人たちに声をかけた。
うちから比較的近いから。
だけど、暑くて外に出られないとか、別件があるとかで、
結局ひとりで、戸塚の居酒屋でビールを一杯と、
冷やしトマトと塩辛を食べて出てきた。
これはこれで、なかなかよかった。
店を出たらすごく眠たくなってドトールに入って、
抹茶プリンを食べて、うとうとした。
それから家の近くの緑がおおくて涼しい、
お気に入りの坂道を上って下って帰ってきた。


自分がやりたいことって、自分で気づかないことが多い。
いまは、ぼくはプログラミングをしたいのかもしれない。
冷蔵庫を開けたらまるごとバナナがあった!やった!
と思って取り出したら、とうもろこしだった。
こういうとき、頭のなかに、甘いクリームや、
バナナの甘酸っぱさとか、しっとりしたスポンジの食感が、
先にできあがってしまっているので、それが、
地味なとうもろこしになると、とうもろこしにはわるいけど、
けっこう、へもい。