読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



先週は忙しく体調もよくなかった。回復して、湘南台へ行ったり、ケーキを買って祝った。

月のはじめは作業がやたらとあって忙しいのと、
先週は体調がよくなかったのが合わさったりして、
基本的にぐったりして日記も間が空いてしまった。
月曜から、ずっと下腹部がずきずきして、
火曜から、金玉がいたくなった。


さらっと書いたが、金玉がいたくなった。
立ったり歩いたりしていると十五分ほどで、
副睾丸あたりがいたくて我慢がならなくなり、
座ると落ち着く、というのが三日続いたので、
八月一日に泌尿器科へ行った。その直前には、
お腹のいたみも依然としてあったので内科へ行った。
どちらも異常は見つからなかった。
お腹は盲腸が疑われたが血液検査は正常で、
金玉はエコーで調べたが血流など問題なかった。
あれから三日が経過して、いたみは消えた。

クリニックへ行く前に食べたラーメンセット


だから先週は、ほんとにもうへとへとだった。
おまけに微熱もあるし、おもわず神に祈った。
回復して、不調がないっていいですね、と感謝した。
しかし、だ。ちょっとした負荷がすぐに不調になる、
ということもわかった。人恋しいからとか、
居ても立ってもいられないからって、
連日飲みに出たりしてると、体にくるんだよ。
みんな、とくに、ぼくより年下の子たちに伝えたい。
何かを満たそうと外に出るんじゃなく、家で休むんだ!
外で満たされたと思っても、それはたいがいマボロシだ。
大切なものは、いつだって自分の中にある。


こういうことで、いろいろお誘いや予定は取りやめて、
なるべく活動量を最小限に抑えて暮らしていたのだった。
まっすぐ家に帰ってプログラミング。ゲームを作っている。

少しずつできてきてiPhoneで動作確認をするために、
Apple Developer Programs への登録をしようとするのだけど、
この画面。ずっとダウンしている。

七月にサイトに不正侵入があってダウンしたらしいのだけど、
こんなに長いこと登録ができないことがあるなんて。
ぼくだけ、登録できなくなってるのではと不安になる。


本はこれを読んでいる。

人生をどう生きますか?

人生をどう生きますか?

  • 作者: ジッドゥクリシュナムルティ,Jiddu Krishnamurti,大野龍一
  • 出版社/メーカー: コスモスライブラリー
  • 発売日: 2005/10
  • メディア: 単行本
  • クリック: 15回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
まださわりしか読んでいないけど、よく伝わる。

私たちの問題はどのようにして生と出会うかではなく、
どうすれば心が、条件づけとドグマ、
信念でいっぱいになったその心が、
自らを自由にすることができるかということです。
生と出会えるのは自由な心だけです。

自由な心がなければ生を感じられない。

土曜日、

昼前に起きて、あまやさんさんと遊ぶ。
湘南台で待ち合わせ。あまやんさんは、
慶応藤沢キャンパスに通っていたので、
湘南台に詳しい。だから案内をしていただいた。
あまやんさんの案内がとてもおもしろくてすごく楽しかった。

お茶屋さんで抹茶アイスを食べる。

乗客が多いので二台連結したバスが走っている。
車体がかなり長いので、このバスが導入されるとき、
バスの運転の練習がされたらしい。

いすゞの工場を抜けてから、両側が畑の道を歩く。
途中で果物の直売所があったので梨を一袋買った。
慶応大学の構内は、超きれいだった。
緑、芝生がずっと広がっていて、森があって池があって、
近代的な建物があって。夏休みだから学生はいない。
まるで美術館だった。原美術館が超広大になった感じ。

カモがデートしている。

それから、バスで駅までもどって、
おすすめのパスタ屋さん「ニューオリンズ」。

カニとなにかのクリームパスタ、
「なにか」って書いたけど、写真を見ると
マッシュルームが入っている。そうだ、
カニとマッシュルームのパスタだ。激しくうまい。
アイスコーヒーを飲んで、いろいろ歓談。
湘南台、ほんとすごくいいところだよ。


店で話しててこんなのがありますよってなった、
横浜にある「軽井沢」へ行ってみることにした、急に。
相鉄線に久しぶりに乗れて、うれしかった。

横浜から歩いて十五分ほどで、軽井沢についた。
軽井沢中学とかもあり、そこでちょうど納涼祭をしていたので、
入って、かき氷を食べた。

校庭のすみでいきなり記念撮影をした。
このあともぐるぐると道に迷ったり、
思い返すと幻だったんじゃないかと思えるような、
空へと続く階段を上ったりしてから横浜駅西口へ。
前から気になっていた新田間川(あらたまがわ)沿いの、
たくさん連なるおでんの屋台のひとつに入ってみた。

店の話し好きのおねえさんがずっとぼくらの相手をしてくれて、
世間話をしながら、瓶ビールを二本と、おでんをけっこう食べた。
それでひとり二千円。安いし、うまかったな。よかった。
いい気分になって、あまやんさんにお礼を言って帰る。
二十五分ほどで帰れる。近いっていい。

日曜

昼まで寝て。何してたかな。
プログラムを書いたりして、夕方に外に出る。
川崎のチネチッタで大友克洋監督の『SHORT PEACE』を
見ようとして行ったんだけど、ぎりぎりで間に合わず、
小さく走ったから汗だくで、ソフトクリームを食べた。
アゼリア地下街。

そのあと、あてもなく、なんとなく東京まで東海道線で行って、
折り返して、なにもせずに帰ってきた。暗くなってくると、
とくに日曜はさみしくなってくるので、このままでは、
と思ってケーキを買って帰った。せっかくだから、
お祝いみたいなテンションが上がるやつを買った。
そして、家で祝った。だれの誕生日でもないけど、
こういうのもいいよね。いいのか。


なんとなく、元気です。