読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



23区内でTwitter鬼ごっこ「大ツイ跡」に参加した。

生活

十一日の日曜日。東雲さんが去年の九月から始めた
大ツイ跡というゲームの第三回に参加した。


大ツイ跡というのは、Twitterを使って、
自分の居場所のヒントになるつぶやきや写真を
投稿しながら逃げる逃走者を、みんなで追跡するゲーム。
だけど、後を追いかけるだけでは捕まえられないので、
逃走者のルートを推理して先回りするのが、
大ツイ跡で勝つ秘訣になっている。
これがこのゲームのおもしろいところ。
いちばん最初に捕まえたプレイヤーが勝ち。
逃げ切ったらたいつさんの勝ち。


逃走者はあるテーマに従って逃走する
テーマはプレイヤーには隠されているので、
これを明かさなくては先回りができない。
たとえば、第一回のテーマは、江戸五色不動
都内にある五ヶ所の不動尊に現れることがわかれば、
次に訪れる場所を推理することができる。
第二回は、駅名をしりとりで巡るのがテーマ。
都内の駅名を調べて絞り込めばなんとかなる。
そう、大ツイ跡は頭脳と体力を競い合うゲームなのだ。


で、頭脳と体力もちょっと弱めのぼくが、
大ツイ跡に挑んだのだった。初参戦。
これまで挑まなかったのは、外から見てて、


むつかしそうだなー


と思っていたから。
当日の様子は、こちらのまとめを見ていただくとして、
ぼくの足取りや推理を書いておきたい。

11:30

今回の逃走者である山田たいつさんと、
プレイヤーが新宿駅サザンテラス口に集まる。
追いかけるのは男子3人、女子4人。
たいつさんは一足先に逃走を開始する。
この日は記録的な猛暑で、風がドライヤーのよう。
ぼくはとりあえず山手線に乗った、涼しいから。

12:00

ゲーム開始。たいつさんがこんな写真をアップした。

これで居場所が特定できたら、
FBI超能力捜査官のジョー・マクモニーグル
後継者になることができると思う。少しして、
この建物が東京海上日動のビルであることが明かされる。


ぼくは上の写真を見て、なんとなく神田で降りた。
とくに意味はない。いまから東京海上日動を目指しても、
着く頃には入れ違いになるに決まっている。あせりは禁物。
と改札を出ようとしたら、警報音が鳴った。

胸ポケットに入れていた都区内パスが、
汗でグニャグニャになって、改札機につまった。
駅員さんに出してもらって、券がボロボロになったので、
「駅員に見せて通してもらってください」と言われる。


神田で降りたものの、どうしてよいかわからず、
うろうろしてたら頭がぼーっとしてきた。そういえば、
この辺にカレー屋があったはずと思ったのだけど、
そのカレー屋は京橋にあることを思い出して、有楽町へ。
の、つもりで歩いていたら、新日本橋駅を見つけて、
暑くて吸い込まれるように電車。東京で降りた、はず。
この日は炎天下で記憶があやしい。天から突然、


今回のテーマはカレー!


という啓示があった。鹿賀丈史の声だった。
いま思うとどうかしてたと思うけど、
この時ぼくは、カレーがテーマだと確信した。
そして、ずっと行きたかった京橋屋カレーの前に来たら、
定休日だった。へたり込む。駅にもどる。電車に乗る。
降りた駅で偶然、プレイヤーのテラサワさんと遭遇した。

テラサワさんは、この駅で待ちぶせしていたらしいので、
ぼくの直感も大きくは外れていなかったんだと思った。
「今回のテーマはカレーだと思います」
持論を展開してテラサワさんと分かれて、
ふたたび電車に乗った。涼しいから。

14:00


そうこうしているうちに、
二箇所目の目的地「学術総合センター」、
三箇所目の「都営住宅潮見一丁目アパート」の
写真がアップされた。今回のテーマは超高層ビルらしい。
ただし検索をすると超高層ビルは都内に数百ある。
これまでの三つが選ばれた法則性を見ぬかなくては。
そうか、カレー屋が入ってるビルか?と調べたが、
なかった。


全然わからない!

14:30

そしたら法則性を見ぬいて待ちぶせに成功した
テラサワさんとみなぞうさんが、あっさり、


たいつさんを捕まえてしまった


まだ二時間しかたってない。
テラサワさんについて行けばよかった…!
ゲームは日没まで続く予定だったけどこれで終了か、
あーやっぱりむつかしかった残念だ。とガッカリしたけど、
内心ホッとしていた。灼熱のなか歩かなくていいからだ。
打ち上げ会場どこになるんだろうと思っていたら、


早過ぎるのでゲーム続行!


というメッセージが。鼻がたれる。
ハンカチで鼻の下を拭いていたら、
なんと、東雲さんもたいつさんを確保とのこと。
逃げる四人を追いかけるゲームに。


まだ捕まえることができてないのは、
ぼくと、大ツイ跡初心者の女子三人。
試されている。負けるわけにはいかない。
けど、全然わからない。

16:00

逃げる方も追いかける方も、
ぼく以外渋谷に向かいだしたので、
きっとそっちの方で何かあるのだろうと渋谷へ。
何の根拠はないが京葉線の出口で張り込んで、
目を光らせていたら、つぶやくことを忘れていて、

家に帰ったのではと心配されている。
いい大人が何も言わずに帰るなんてしません!
(帰ろうかという気も少しだけしたけど)


待ち伏せに失敗して大崎へ。

これまでの情報を整理してカレーを食べていたら、
赤坂で女子三人がたいつさんを捕まえてしまった
ついに、ぼくだけになってしまった。
逃げる七人を、ひとりが追いかけることに。
というか、最初と構図が逆転したから、いっそのこと、
ぼくを追いかけるゲームにしたらいいのではと思った。


しかし、ぼくだって何も考えていなかったわけではない。
実は、隠しテーマがわかったのだった。それは、


テレビ局


だ。赤坂にいたのはTBS。渋谷にいたのはNHK。
臨海線はコミケがあるので今日は乗りません、
と宣言していたのは、フジテレビがあるからだ。
となると、次はあそこだ!と急いで電車に乗り込んだ。
あれ?ちょっとまて、じゃあこれまでの

1)東京海上日動ビル
2)学術総合センター
3)都営住宅潮見一丁目アパート
4)二子玉川ライズタワー

はどうなるんだと思ったけど、どうせ、
ケーブルテレビとかあるんでしょと自分を納得させた。
アホの思い込みってこわいですね。

17:00

そして、ついに到着。
まだだれもいない。どうやら先回りに成功したようだ。
しばらく待っても誰も来る気配がない。
Twitterを見ると、たいつさんや東雲さんの写真が。


あれ?あれ?


目の前に広がっている景色を撮ってアップする。

ポケモンのポスターの前で、膝から崩れ落ちる。
どうして日本テレビなの、ぼくはなぜテレ東に来たの?
だけど、そうだ、テレビ局がテーマなら、
たいつさんたちは最終的にここに来るのでは?
と思ったのだけど、どうやらそれはないらしい。
これもよくわからない。テーマはテレビ局じゃないのか?


どうやら、最後の目的地となる場所は、
日本テレビのすぐ近くにあるらしい。
ゲーム終了までそのエリアにとどまっているから、
捕まえてごらんなさい!!ハーッハッハッハーッ!
という、たいつさんとの一騎打ちモードに突入し、
日本テレビのある汐留へ向かった。

18:00

残り三十分。たいつさんより
ロイヤルパークタワー汐留の写真がアップされる。
ここにいるらしい。走る。
すでに捕まえた人たちが応援してくれる
(すでに打ち上げ会場でビール飲みながら)。
もはや鬼ごっこというより100キロマラソンの
フィナーレというか、ただの待ち合わせになっている。


息を切らして、ロイヤルパークタワー汐留の
周囲をぐるぐる歩き回っているけど見つけられない。
もしかして、次の目的地に移動したのではと思って、
Twitterを見たら、


と、たいつさんが言っている。
というか、これ、ぼくの後ろ姿じゃないか。
どこから撮った写真なんだと、歩いてきた道のりを、
二回ぐるぐる回る。近くまで来ているのに。あと三分。
これで捕まえられたら劇的なんだけどな、
ほんとわかんないからダメだ、
盛り上がりに欠ける結末になってしまう、
と演出的な心配をして階段を上がったら、な、なんと、
横断歩道の向こうに、たいつさんを発見!!
や、やった!


たいつさん確保!!



捕まえられた方のたいつさん。ダブルピース。

捕まえた方のぼく。半端ない疲労感。


この写真のあと、
どっちが捕まえたのかわからないとの声。
参加者から総ツッコミを受ける。

19:00 打ち上げ


みんなで新橋でビール飲んだ。激しくうまい。
各プレイヤーの今日の動きとか、今回のテーマが発表された。
隠されていたテーマはこれだった。

このサイトを参考にビルの高さと照合していきます。
これが裏テーマ、「東京23区の高層ビルランキング」。
ランキングの下からまわっていったんですね。
1)東京海上日動ビル
2)学術総合センター
3)都営住宅潮見一丁目アパート
4)二子玉川ライズタワー
5)ロイヤルパークタワー汐留
あとに行くほど、どんどん高くなっていきます。

高層ビルランキングを下からまわっていたのだ。
テレビ局じゃなかった。カレーはもっと違った。
聞いてしまえば単純だけど、よくみんな、
それだけで場所を予想できたなと感心した。


それにしても疲れはてた。記録的な猛暑の日に、
強烈な夏休みの思い出を作ることができた。
大ツイ跡、おもしろい。次は逃げる方をやりたい。
と、思ったりした(三十分くらいで全員に捕まりそう)。
楽しいゲームをありがとうございました。
また開催してください。