読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



エクストリーム出社のこと。ラジオに出たことなど。

生活

だいぶ更新が空いたのは、エクストリーム出社だ。
Twitterを見てくれている方には伝わっているかもしれないけど、
最近エクストリーム出社のことばかりになっている。
一緒にやっているあまやんさんと、週の半分以上会って、
会社が終わってから打合せをしたり作業をしたりしている。


同行取材もあって何をするかを考えたりしつつも、
まずラジオに生出演して話すことになった。
文化放送の「大竹まこと ゴールデンラジオ」。
昼の番組なので、会社を一時間ほど抜けて出た。
出演は大竹まことさん、眞鍋かをりさん、太田英明アナウンサー。
こちらは日本エクストリーム出社協会としてあまやんさんと。
あまやんさんがいるから、とても頼もしい。


とにかく楽しかった。大竹まことさんは、
ボケやツッコミを通して話しやすくパスを出してくださって、
うまく返せなかったけど、ああこうやってトークを回して、
本質を洗っていくのかと思ってとても勉強になった。
ぼくらが変な感じになっていたら、眞鍋さんや太田さんが、
フォローしてくださって助けてもらったりした。
みなさんとお話してるだけで、うれしくてたのしかった。

エクストリーム出社協会

あまやんさんが取材依頼とかを一手に引き受けて、
打合せのタイミングを調整したりして対応してくれている。
とにかくあまやんさんは、ネットワークが広くて、
フットワークが軽くて、次々にいろいろつなげていく。
何人分もの能力を発揮していてるし、トークもうまい。


ぼくは具体的にすることを考えたり、あれしましょうとか、
こうしましょうとか好きなことを言ったり、
スポンサーを見つけて、
9/2(月)の全国一斉エクストリーム出社大会
に優勝賞金をつけることができた。
「賞金出ますよ!!」と宣伝してみたものの、
参加者はそんなに一気に増えなくて、
出社ニスト(エクストリーム出社するひと)は、


金では動かない真のアスリートだ……!


と思った。

それにしても、

アセスメントという面談を上司と毎年するのだけど、
前もって記入しておくシートがあって、そこに、
「あなたの思い描くキャリアプラン」という欄がある。
で、この面談は評価に密接につながらない
(と思っている)ので、いつもわりと自由に書いていた。


ぼくは最終的な目標を「タモリ倶楽部出演」と書いて、
「その目標を達成するための具体的なプロセス」の欄に、
1年目、世間で話題になるコンテンツを発表する。
2年目、ラジオに出演して知名度を向上させる。
3年目、タモリ倶楽部に出演する。
と書いたのだけど、七月のことで書いたことを忘れていた。
で、先週、面談があったときシートを見ておどろいた。
ラジオ出演の前日だったのだけど、


すでに2年目までいってた


からだ。上司のTさんもおどろいていた。
あと、シートに「タモリ倶楽部」とか書いてはいけない。
大人だから当然である。

これは2007年に描いたTさんの似顔絵だけど、
いまはすごくワイルドになられて、「パシフィック・リム」の
チャーリー・デイみたいになっている。
と、これだけ持ち上げておけばよいだろうか。


あと、あまやんさんと昔M-1に出たことを思い出して、
写真を探したら出てきた。

2010年のことだ。左の女の子はももさん。
それにしてもぼくのこのむさくるしい髪型は何だ。
グループ名は「ダダイズム」で一回戦で敗退した。
そうだ、この髪型は文豪みたいにしてください。
とお願いしたときの髪型だ。ダダイズムで思い出した。
あまやんさん、いまよりやせている。

で、何の話だったっけ

そうだ、9月2日(月)のエクストリーム出社大会に、
みなさん出るとよいと思います。
参加申し込みや詳細はこちらから。


全国一斉エクストリーム出社大会


いちばんの出社ニストには五万円が贈られます。
大会二日後の9月4日(水)は朝の6時半から、
新宿三丁目のライブ居酒屋で、
エクストリーム出社大会の発表会があります
そこで優勝者が発表されます(Ustreamもあります)。
詳細は追ってアップしますね。