小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



物忘れがはげしい

「どうなるんだろう……」
と呟いて何のことか忘れている。
何かが今後どうなるんだろうという不安と、
それについて考えなくてはという焦りだけが残っている。
その肝心な「何か」を忘れているのだった。
つい数秒前までそのことについて考えていたのに。


考える対象を忘れているのだから、
もはや不安がることはない。というか不安になりようがない。
例えば、さっき食べたものが腐っていたような気がして、
いま胃の中に収まっているのだけど"どうなるんだろう"とか、
気がかりな仕事があって、それを進める手立てが見つからず、
このまま行くとプロジェクトは"どうなるんだろう"とか、
そういった対象があるから、未来を不安に思えるわけだが、
対象を忘れているのだから、どうなるのか元からしてわからない。


だったらもう心配することはない、と思えるかというと、
もちろんそんなことはなく、思い出したらふたたび、
「どうなるんだろう」の続きから向き合って悩むことになるし、
それならなるべく早くから考えておいた方が安心する気がする。
不安になれないことが不安になる。思い出せなくて焦る。


そうこうしているうちに、降りるバス停の名も忘れていて、
スマホの乗り換えアプリを起動しようとすると、
Twitterのメッセージマークが目に入り、
あ、と思ってそちらを見て、どう返事しようかなと思いつつ、
他のメッセージを見ていると、
「そうだ、あれ買おうと思ってたんだ」
と脈絡なく欲しかったものを思い出し、
amazonのサイトにアクセスして表示を待つ間、
facebookを見ておこうとお知らせを見ていたら、
買おうとしていた物を忘れている。
まずいなと思ってスマホをしまって、
はあ、まずいまずいなんてバスの電光掲示板を見ていたら、
そうだバス停を調べようとしてたんだとスマホを取り出し、
ああこれこれ、と思ってポケットにしまう。


「カルダモン」


という言葉が急に浮かんでくる。おどろく。
これから行こうとしているカレー屋の
スープカレーに大量に入っている香辛料の名だ。
すぐに出てこなくていい言葉ほどいきなり出てくる。
カルダモンという言葉が実際に欲しいときには出てこない。
その自信はある。必要なときのために取っておきたかった。
あそこのスープカレーうまいんだよな。
で、バス停の名前なんだっけ。
と、こんな調子になっている。


http://instagram.com/p/nXE1Auiwp_/