小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



エクストリーム出社関係で北海道旅行をしてきた

エクストリーム出社関係で、あまやんさんと北海道へ行った。
金曜日の朝に羽田から飛行機に乗って、10時に千歳空港。
飛行機が苦手だったはずなのだけど、全然気にならなかった。
天気は小雨が降っていて、少し肌寒いくらいだった。

札幌で予定されていた打合せを終えて、案内をしていただいて、
道民のソウルフードという「みよしの」の餃子を食べ、
北海道神宮をお詣りした。神宮は太い木がぐんぐん生えていて、
パワーが充満していて、すごくよかった。敷地内はお花見が盛んで、
といっても桜はすでにほとんど散ってしまっていたのだけど、
花は関係なく、みんな火を使ってジンギスカンをしていた。
北海道には3日間滞在したけど、毎日どこかしらで、
ジンギスカンをしているグループを目にした。
http://instagram.com/p/nwwY51iwus/
夜、うまいジンギスカンの店へ連れて行ってもらった。
やわらかくて、くさみがなく、大変うまい。
店には小樽ビールという地ビールがあって、
ピルスナー・ドンケル・ヴァイスと全種類飲んだ。
小樽ビールはいずれもあっさりしていて、
ジンギスカンによく合う。激しくうまい。
http://instagram.com/p/n-v6H6Cwoj/
すすきののホテルにあまやんさんと戻って、
あまやんさんは徹夜明けだったらしくすぐに眠ったようで、
ぼくは興奮が冷めずに、ホテルの窓から大きな観覧車が見えるから、
外に出たのだった。時間はまだ22時前だったと思う。
http://instagram.com/p/nxrVAsCwkq/
それにしても、すすきのの歓楽オーラはマジパない。
そして、道路の長さは限りなく、昼夜の寒暖差は超やばい。
札幌の街は屯田兵のおかげか、区画が碁盤の目のようになっていて、
交差点名が北6西3のようにわかりやすくなっている。
のだけど、地元の人でない、ぼくにはわからない。
http://instagram.com/p/n1rcVACwsx/
ツイッターで観覧車が見えるとつぶやいたら、
北海道に縁のある人たちが、それが「ノルベサ」だと教えてくれた。
みんな「ノルベサ」のことは知っているのに、
乗ったことはなさそうだった。それにしてもすごいネーミング。
http://instagram.com/p/nxvUk3iwpk/
http://instagram.com/p/nx5hW3iwn6/
観覧車を下りたところで、おのしゅうさんが、
ツイッターでうまいラーメン屋さんを教えてくれた。
ので、そこへ行ったのだけどラーメン屋は跡形もなかった。
このときぼくは結構酔っていたと思う。
だから見落としただけかもしれない。

北海道は広くて、スケールが狂う。
地図で、この通りの向こう側だから5分くらいかな、
と思って歩き始めたら3キロくらいあったりする。
スーパーマリオでブロックとかカメが大きいステージがあるけど、
ちょうどあんな感じがした。違うかもしれない。
大通公園をうろうろして、ベンチに座ったり、
北海道のサラリーマンたちが賑やかにしているのを眺めて、
適当な居酒屋に入って、ウニとタラで一杯やって、
ホテルに戻ってすぐに寝た。感謝してもしたりないくらい、
本当に楽しい1日だった。
http://instagram.com/p/nxzvGyiwgF/


2日目

あまやんさんが気を遣ってくれて別で観光することに。
といってもぼくは計画がない。観光が下手なのだ。
とりあえず、北海道の広さを昨晩思い知って、
徒歩だと数ブロック移動するだけで日が暮れると思い、
自転車を借りることにした。すすきのから札幌駅近くまで
歩くのも結構な距離だった。レンタサイクルのお店は、
ごく普通のマンションの一室にあって千円で乗り放題。

ホテルのロビーにあった無料の「るるぶFREE札幌」を見て、
「モエレ沼公園」へ行くことにした。以前に写真で見て、
行ってみたいなと思っていたことを思い出した。
で、また目測を誤って自転車を1時間半ほど漕ぐはめになった。
公園の前で少し休憩をした。「ミルクの郷」という観光牧場で、
牛の匂いが漂っていて、のどかで、ソフトクリームがうまかった。
http://instagram.com/p/n-v4CTCwof/
モエレ沼公園は、ちょっとどうかしているほどデカかった。
空が割れて、巨大な手が出てきて何も考えずに、
山とかピラミッドとか森を作ったようなデザインで、
スーパーファミコンの「ポピュラス2」みたいだった。
http://instagram.com/p/nzOHYTCwgo/
シンボル的な山があって、てっぺんを目指したのだけど、
自転車を置いて登って戻ると倍の時間がかかりそうなので、
自転車を押して山に登ったら、倍以上の時間がかかった気がした。
http://instagram.com/p/nzQNPNCwje/
山の上では犬を連れてきている人やカップルや子どもがいて、
自転車で登ってきたぼくを珍しそうに見てきた。
わざわざ頂上まで自転車で来たってことは、
山の急斜面をこいつは自転車で下るんじゃないか、
という視線を四方から受けたのだけど、
もしそれをしたら、本物のエクストリームだ。
ゆっくり手で押して下りた。期待に沿えなくてすみません。
http://instagram.com/p/nzW9ITCwsN/
モエレ沼公園内をぐるっと自転車で回って、
再び1時間ほどかけて札幌市街に戻った。
ナビアプリで移動距離を見たら30kmあった。
横浜から新橋までの距離に相当すると知って愕然とした。
大通り公園のベンチで、パンジーを見つめた。
http://instagram.com/p/nzimGAiwoA/
あとラーメンを食べた。
旅行の荷物を全部入れたリュックが5キロくらいあって、
これがじわじわと疲労を蓄積していることに気づいたのは、
すでに夕方になった頃で、疲れ果てたので、
今晩のホテルにチェックインして、ベッドに横になって、
気付いたら40分ほど寝ていた。家か。

あまやんさんから連絡があり、
夜は合流して、北海道女子たちと飲むことになった。
おすすめのお寿司屋さんと、串鳥というお店へ行った。
どちらもうまかった。お寿司屋さんでは北海道の地酒を飲んだ。
「熊ころり」というすごい名前のお酒がうまかった。
http://instagram.com/p/n0MXgsCwmC/
北海道のお酒が5種類くらいあって、
これも全種類飲んだのだけど、よく考えたら、
というか考えるまでもなく5合で飲み過ぎた。
会はとても楽しくて、ずっと笑いっぱなしだった。
ほんとみなさん、おもしろい、道産子!
ホテルに帰ってくる記憶はあやふやで、
この日はあまやんさんと相部屋で二段ベッドで、
ぼくは自然に上の段に転がり込んで眠った。
あまやんさんが上から落ちてきたらひとたまりもない。

3日目

深く深く眠ったのか、
飲み過ぎて気を失っていたのかわからないけど、
目覚めはすっきりしていて、朝の8時だったと思う。
シャワーを浴びて顔を洗って着替えてホテルを出ることにした。
あまやんさんは、まだぐっすり眠っていた。
http://instagram.com/p/n1rrGciwtM/
これまでの教訓を活かして積極的に電車を使うことにした。
地下鉄の東西線に乗って、二十四軒駅へ行き、
札幌市中央卸市場の場外市場へ行った。

日曜だったので市場はやっていなかったけど、
お店は開いていてカニなどが売られていた。
適当な食堂を見つけて入って海鮮丼を注文すると、
具がたっぷりの丼が出てきて、醤油をかけて、
ガツガツかき込んで、大変満足した。
二日酔いのときの塩分のうまさって神懸かっていますね。
http://instagram.com/p/n1rNAMiwsX/
そのあと地下鉄で大通駅まで行って、
路面電車で中央図書館へ行こうと思ったら、
反対方向に乗って札幌駅に着いてしまった。
これなら地下鉄を下りなくてよかった。
路面電車を待つスペースはおどろくほど狭くて、
そこに立っていると、
間違ったことをしているのではと不安になるほど細い。
あまやんさんだったら、電車がお腹をかすめると思った。

札幌駅に戻って、そういえばあの時計台を見ていなかったと、
時計台まで歩いて見学。それから横の珈琲店で休憩した。
http://instagram.com/p/n1rQ1Diwsc/
駅の南側はだいぶ歩きまわったので、午後は北側へ行くことにして、
北側には何があるかというと北海道大学があった。
その前に、北海道大学近くの
カレー食堂「心」でスープカレーを食べた。
http://instagram.com/p/n1-_35CwsD/
ジャガイモやニンジン、レンコンなど野菜が
ごろごろと入っていてボリュームがすごい。
ほろほろになるまで煮こまれた鶏の大きな脚も、
それらに深く強く浸透しているスープもうまくて、
うめえなあ、と口に出してしまう。
最近、思ったことが自然に口から出る、老化か。


北海道大学は、大学というより、巨大なテーマパークみたいで、
老若男女が思い思いに散歩やサイクリングやジョギングをしたり、
池の畔で桜を眺めたり、子どもが小川で遊んだり、
カップルが仲良く座っていたりして、すごくよかった。
自然が豊富で、歩いているだけで癒やされてくる。
http://instagram.com/p/n2DjiFiwhf/
図書館で1日利用券を出してもらって中に入ると、
とても静かで、ここも老若男女が勉強したりしている。
本の種類はさすがに大学だけあって専門的で豊富で、
なんかもう感無量です。入学したい。
http://instagram.com/p/n-vsFrCwoR/
総合博物館というのもあって、ここがすごかった。
大学の歴史から、動物、恐竜、鉱物など、
貴重なものがたくさん展示されていた。
ぼくが行ったときは、イザベラ・バードという
旅行家であり作家でもある女性に関する展示を開催中で、
この展示がすごくよかった。
イザベラ・バードの紀行文の翻訳をしている
地理学者の金坂清則先生がキャプションなどを書いていて、
さらにご本人が説明をしてくれる時間帯で、うわーっとなった。

旅行記を読むとは
「そのもとになった旅を読み、
旅する人を読み、旅した場所・地域を読み、
旅した時代を読むこと」
である。

という金坂先生の言葉がすごく響いた。
http://instagram.com/p/n2A9uViwun/


夕方にあまやんさんと合流して、
札幌から快速エアポートで空港まで移動して、
21時発の飛行機で、羽田に帰ってきた。
3日間とは思えないほど濃密な時間で、
1週間ほどいたような気持ちがした。
北海道へ行ったといっても、札幌だけなので、
次は他のエリアにも行ってみたい。
みなさん、ありがとうございました。