小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



振り返り

1年を振り返る時期になった。今年もいろいろあった。
エクストリーム出社の本が発売されたのは1月だったのだな。
雑誌やラジオに出してもらったりして人の輪が広がった。
7月から9月はエクストリーム出社の番組「イカナイバネ」が
北海道のHTBさんで放送されて、これもうれしかった。
旅行は北海道へ行ったり、富士山の頂上まで行ったり、
今治からしまなみ海道をサイクリングして尾道まで行った。
経営学者の三宅秀道先生にお声がけいただいて、
川崎の商品開発研究会に参加できたのもよかった。
文学フリマに5月と11月に出店した。小説を2つ書いた。
どちらもこれまでのとだいぶ違うものになったけど、
なんとなく自分のやり方がわかったような気がした。
映画をけっこう見た。本も読んだ。
前半は動いて、後半はじっとしていた。


今年はとくに後半から内面が充実していった感じがした。
自分でいうのもあれだけど、いい感じになってきた気がする。
ぼくのいろいろな面での固さと、その出どころや、その反動、
抑圧や、認知のゆがみや、宇宙のバランスなど、
なるほどと気づくことが多く、自由になってきた気がする。
それでもまだまだ、治らないところは折り合いをつけて、
整体みたいに、整えておくべきところはたくさんある。
あと、なにかつくりたいと思った。自由になった上で、
なにかつくりたい。小説を書くとか、ゲームを作るとか、
新しい遊びを考えるとかしたい。すぐにはできないことを、
じっくり時間をかけてうまくできるようにして、
いいものをつくりたい。そのプロセスで、
より自分を知って、より自由になり、楽しくすごせるような、
おもしろいと思えることを地道にやりつづけたい。


f:id:shiinaneko:20141224001946j:plain
今年最後の人狼合宿12月19・20日(朝日さん撮影)