読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



プロレスを観た。落語会で落語をした。ピロリ菌の除菌が成功した。

5月は盛りだくさんな感じだった(まだおわってないけど)。

5月4日(月・みどりの日

文学フリマに出店した。『突き抜け9』を売った。
『突き抜け』の1号を出したのが、いまから5年前で、
9回も出店(1回欠場した)しているだけあって、
ブースも角のよいところで、わりと売れた。
毎回、ブースに来て買っていってくれる人もいて、
とてもうれしい。続けることって、まじ大切ですよね。

信販売もしていますので、こちらからどうぞ。

5月16日(土)

神戸からラブさんがいらっしゃって、
新宿へプロレスを観に行った。
イガラシ夫妻とHさんもで5人で行った。
プロレスは初めてで、どんなものかなと思っていたら、
大変おもしろかった。一度、エクストリーム出社のイベントで、
ノアという団体の練習に参加させてもらったことがあったけど、
そのときは、ロープの固さとか、マットの固さとか、
コーナーポストの固さとか、とにかく固かった。

だから、そんな固いところで、ぶつかったりしているだけで、
信じられないのだけど、そこで様々なアクロバティックな技が披露され、
ときには可笑しく、ときには鬼気迫り、最後まで飽きることがなかった。
初めての観客にも分かるように(?)、
ゴングの直前に「前回までのあらすじ」のようなVTRがあったり、
舞台と客席の壁を取っ払う場外乱闘があったり、水が撒かれたり、
といったしっかりした工夫と、もちろん身体の強靭さ技の美しさを磨く、
日々の修練などの維持・管理の徹底と、
人間の中にある暴力性(これがなければ人間が絶えていた)を、
見事に融合させて、昇華しているの観て、感動したのだった。
https://instagram.com/p/2vVy5aCwtD/

プロレスのあと、うまい台湾料理を食べて、
ビールとハイボールを飲んだ。おいしいし、たのしいし、元気が出た。
ラブさん、素敵な機会をありがとうございました。

5月21日(木)

MacBook AirMac miniを売った。
どちらも5年前に買ったもので、合わせて6万円になった。
それを元手にMacBook Proを買った。超きれいで早い。
ついに、Proですよ。いろいろ使いたい。
https://instagram.com/p/3L9YIBiwlj/

5月23日(土)

東雲さん(いつもいろいろお世話になっています)が、
2年ぶりに落語会「踊る臨海亭一門会」をされるとのことで、
ぼくも落語をしたいと言って参加させていただいたのでした。
この日は練習。
「落語をしたいです」と言ったのは、たぶん半年前だったと思うのですが、
本番の3週間くらい前の、練習を始めたあたりから、
「なんであんなこと言っちゃったんだろう」
と不安になって、わりと真剣にキャンセルしようかと迷って、
あまり告知とかしなかったのです(すみません!)
f:id:shiinaneko:20150527221541j:plain
共演者の前で練習中。


しかし、やっぱりやった方がいいと思いましたし、
腹をくくって挑戦することに決めたのでした。
なんで不安になっていたかというと、
自分の落語がどうしてもおもしろくなかったからです。
で、苦しまぎれに、立川談志
『あなたも落語家になれる――現代落語論 其二』
をひと通り読んだりしたのでした。

あなたも落語家になれる―現代落語論其2

あなたも落語家になれる―現代落語論其2

これがとてもよい本で(悪口ばっかり書いてあるけど)、
いまから30年前に出版されたものなのだけど、
テレビや映画が盛り上がっているなかで、
衰退していく落語はどうあるべきかが論じられている。
これは、ネットが盛り上がって、小説が売れなくなっていくことと、
近いんじゃないかと、シンクロさせたりしながら読んだ。
ヒントがたくさんあって、なるほどとじっくり読んで、
自分が落語をしようとしていることを忘れるほどだった。
参考にしたのは、内容は時代に合わせアレンジをして、
素人はオリジナリティで勝負するべしというところ。

5月24日(日)

落語会当日。18時開演。両国のお江戸両国亭
プロの落語家が使うところで、しっかりしている。
f:id:shiinaneko:20150527221543j:plain
「どれくらいお客さん来ますかね」と、
おのしゅうさんがしきりに気にしていたのだけど、
結局40人近くの方がいらっしゃって、ほぼ満席だった。
時間通りに、すいすい進む。
f:id:shiinaneko:20150527221545j:plain
(写真はあまやんさんが撮ってくれました)
「臨海亭東雲」を名乗り始めて、今年で20年目の東雲さん。
大取りで「野ざらし」を熱演。さすがとしか言いようがありません。
ぼくがやったのは前座噺の「道灌」というものなのですが、
やってみてわかったのは、演技力がすごく必要ということで、
道灌はご隠居と八っつぁんの対話で感情表現があまりなく、
舞台転換もアクションもほとんどないのですが、
「野ざらし」は、時間も場所も人物もよく変わるし、
感情表現が鍵になっているので、超むずかしいし、長い。
それをきちんとされているので、まじパなかった。かっこいい。

へもい家己祝(おのしゅうさん)は、
柳家喬太郎さんの「純情日記 横浜編」。
以前にCDで一度聴いたことがあったのだけど、
おのしゅうさんの落語もすごかった。
真に迫るものがあり、胸を打つものがありました。
臨海亭西海(さいかい)こと中村さんは「猫の皿」。
すごい自然な語りの落語は、邦画を見ているような気分になってきます。
あと中村さんは、猫との相性がよいと思いました。
毎度絶妙なバランスと狂気で笑いを巻き起こす、
まいこ☆マギカ(なかたさん)は、
「留学生ウォーアイニー・ナカタ」という奇術を披露。すさまじかった。

ぼくは仲入り後。なんとかやりきりました。
ギャル語を織り交ぜで、古典落語をしました。
朝日さんが動画撮ってくださいました。ありがとうございます!みなさんのもこちらで見ることができます。
https://instagram.com/p/3EPQtVCwvQ/
打上げで「鉄オタ漫談」を披露している東雲さん。
前日の練習会のあとにカットした部分。
それにしても幅が広い!

5月25日(月)

https://instagram.com/p/3G8qJSiwjW/
四谷三丁目の日本酒の料理屋でうまい酒を呑んだ。

5月28日(火)

風邪を引いてしまった。熱が出て会社を休んだのだけど、
そういえば、ピロリ菌の除菌が成功したかどうかの
検査結果をまだ聞きに行っていなかったので、
クリニックへ行った。結果、除菌成功とのことで、
私はピロリ菌のいない男になりました。

心なしか、胃の具合が前にくらべてよい。
キャベジンを飲まずにすんでいるから、
よくなったのだと思う。