小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



すごい酒屋へ行ったこと。つきみ野うかい亭へ行ったこと。

7月26日(日)

会社の先輩Aさんに日本酒の種類が豊富な
酒屋へ連れていっていただいた。イッセイ氏も行った。
昼に聖蹟桜ヶ丘に集合。夏真っ盛り。汗びっしょり。
近くにあった餃子屋に入り、餃子定食と生ビール。
しばらく歩いて酒屋に到着。入ってすぐ、すげえ! と思う。
壁一面に一升瓶が並んでいて、業務用冷蔵庫も数台。
店の奥の奥の方にも小部屋と冷蔵庫。
宝探しをするように、酒を見ていく。
いろいろ迷って四合瓶を二本購入。
貴の純米発泡にごりと、石鎚の夏の特別純米

イッセイ氏も二本、先輩は五本(?)買って、
各自手提げやリュックに酒瓶を入れて、ふたたび駅まで歩く。
天気はよいし、あたりはのどかだし、
聖蹟桜ヶ丘は映画「耳をすませば」の舞台になったところだしで、
大変おだやかな気持ち。だけど暑さで朦朧としてきた。
帰りのクーラーのきいた電車で、「せっかくすごい店まで来たので、
もう一本くらい買っておけばよかったです」と述べたら、
Aさんが手提げから一本取り出してくださって感激
(すみません、ねだったみたいになってしまって)。
イッセイ氏ももらっていた。

ものすごい充実感で家まで帰り、
まだ15時頃だったかと思うのだけど、
急に眠くなって一時間半昼寝。日中のことが夢見たいな気分。
冷やしておいたのを晩酌にさっそく一杯やって、超うまい。
ありがとうございました。
https://instagram.com/p/5maxjuCwpE/

7月18日(土)

うかい亭という鉄板料理店へ行ったのだった。
うかい亭は何店かあるのだけど、ぼくが行ったのはつきみ野
高級鉄板料理の店で、収入の少ないぼくが、
なぜうかい亭へ行ったかというと、以前に聴いた
ホンダでエアバックを作った小林三郎氏が講演で、
本質を知るためには、

一流の人と会うこと
一流の物を見ること
一流のものを食べること

の3つをすること! とおっしゃっていたからで、
なかでも1年に1度は銀座の久兵衛で寿司を食べること!
ということだったので、久兵衛は次に行くとして、
とりあえず、うかい亭へ行ったのだった。

しかし、けっこう高い。コース料理で1万5千円する。
これでお酒も飲んだらいくらになるかわからない。
そんなところへ行くので、簡単な気持ちでだれかを誘えない。
だからひとりで行こうかと思ったのだけど、
予約は2名以上とあったので困った。
結局、未婚で実家暮らしで暇そうな人なら
ということで、おのしゅうさんをツイッターで誘った。
すると、それを見ていたつしまさん(女子)が同行したいといい、
3人で行くことになった。

つきみ野は閑静な住宅地で、
10分くらい坂を歩いたところに、
大きな屋敷があって、そこがうかい亭。
洒落た豪華な洋館で、カウンター席に横並びで座り、
ソムリエにおすすめをうかがったりして、
ワインを決めることになった。メニューにあるボトルは、
どれも1万円からで、すげえなと思ったけど、
せっかく来たのだから後悔しないようにしましょうと、
おすすめの高い白ワインを選んで飲んだのだけど、

ぶったまげるほどうめえ!

肉も魚もうめえ!

と言葉が乱れるほどうまく、続いて赤ワインもいいのを飲む。
やっぱりうまい。ヨークマートで2割引で買っていた2千円のワインも
うまいと思っていたけど、どう違うのかというと、こまかさが違う。
より微分されているような、味のレンジというか、
なんか映像が見えたわ。目の前で調理、めくるめく体験。
https://instagram.com/p/5R9w6Jiwua/
デザートを食すために別室に移動してコーヒー。
3人とも放心状態気味で、よかったよかったと話して、
会計は3人で7万5千円。うますぎたのと、酔っていたからか、
あまり高いと思わなかった。ま、それくらいするよね、と。
で、ワイン会があるので是非来てくださいとソムリエに
お誘いいただいて、ぜひ行きたいです! と元気に応えたのだけど、
冷静になったいま、いくらするのか、おそれている。

それにしても、すばらしい体験ができた。
年に1回くらいはこういうことしたい。