小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



歯の詰め物がとれて、つけた。

風邪はほとんどよくなったのだけど、
噛み合わせというか、歯ぎしりしたいような変な感じが続いて、
お昼休みに100粒入りのボトルガムを買ってきて、
3粒口に放り込んで噛んだら、奥歯の詰め物がとれた。


今年に入って、ついてない。
そういえば、お正月に鶴岡八幡宮に初詣に行ったのだけど、
あまりに人が多かったので、本堂への階段の下でお神酒だけ飲んで、
そのまま帰ってきてしまって、初詣は未完了なのだった。
これがいけない気もするし、大晦日に恵方に向けて貼った、
穴八幡宮のお札がこれまでに2度落下して貼り直しているし、
これもまずい気がする。厄年はまだまだ先のはず。


歯の詰め物が取れると、何もする気が起きなくなる。
正確には、何かをする気が、
詰め物がとれてできた穴にすべて吸い込まれて、
他のことができなくなる。
ぽっかり空いた穴に下の先で触れ、
穴の縁のギザギザした感触をたしかめたりして落ち着かない。
蓋がなくなりガラ空きのスペースに虫歯菌が付いたらとか、
穴ができて強度が弱くなった壁面から崩れるのではとか、
不安なことばかり浮かんでくるのは、
「歯」に空いた「穴」だからこそと思う。


定時退社して、取れた詰め物を手に歯医者へ行った。
詰め物がとれる主な原因は、接着剤が弱くなったか、
中が虫歯に侵されたかのどちらからしい。
見てもらったところ虫歯ではなく、すぐ付けてもらえた。
安心感。気味わるがられるくらい何度も
「ありがとうございます」「助かりました」と言って、
来週に歯石を除去する予約までしてきてしまった。
それくらい安心したということだ。


十数年以上前にも詰め物が取れたことがあって、
ミルキーで2回、キャラメルで1回とれた。
噛んではいけない、最後まで舐めきろうと思っているのに、
バカだからつい噛んでしまう。バカは噛む。あと、こぼす。
歯医者の問診票の来院理由の2番目に、
「詰め物がとれた」とあったので、よくあることなのだろう。
もしかすると、ミルキーは歯医者から
アフィリエイトをもらっているのではないか。
それくらい詰め物がとれるので、「超絶 凄ワザ!」で競ってほしい。
歯の詰め物用接着剤メーカーVS不二家。
「ミルキーの粘度を百倍にしてきました!」


会社の机に置いたままのガムは、あと97粒ある。

https://www.instagram.com/p/BBheKyxiwny/