小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



川崎大師へ行って、横浜美術館へ行って、「キャロル」見た。

川崎大師へ行って、お護摩をしてお札をいただいた。
お札は災厄消除(やくよけ)、家内安全、商売繁昌、健康長寿など、
願いごと約40種類の中からひとつ選ぶ。5000円から。

これまで開運満足、商売繁盛のお札にしてきたけど、
今回は大願成就にすることにした。
世界の平和と人類の大願成就がおれのテーマだから。
大願成就に丸をして受付に持っていったら、
大願成就は団体とか企業とかの願いを対象としているので、
個人の願いの場合は「心願成就」ですよといわれて、
その通りにした。スケールダウンした感じだけど、
そのぶん深く効きそうな感じがした。ぼくの心願は、
昔から願っているのだけど、
突き抜けて、働かずに遊んで暮らすこと。
今年こそは成就させたい。
https://www.instagram.com/p/BBogsQ3Cwko/
それにしても今日は仏滅だというのにお護摩は超満員だった。
40センチ四方のスペースに正座してじっとしている感じで、
ぼくの両側に幼稚園から小学校低学年の子どもたちが3人ずついて、
その子らがごそごそして、ちょっとずつぶつかってきた。
じっとしていられないよね、その気持ちわかる。


お護摩を終えて、家に帰ろうと思ったのだけど、
そういえばと思って横浜美術館を調べたら、
「村上隆のスーパーフラット・コレクション」
をやっていることがわかったので行くことにした。
15時について、じっくり鑑賞できた。
村上隆氏が収集した美術品なのだけど、
ひとりでこんなにコレクションしたというのがびっくり。
だれかの集めたものを見るのって楽しいですよね。
本棚とか、部屋に置いてあるものとか、ネットだとTumblrとか。
こういうインプットがあって、人の中で解釈され組み合わされ、
あのようなアウトプットにつながっていくのかと思ったりした。
写真撮影可だったので、気になったものを撮った。
https://www.instagram.com/p/BBo8Vp3iwjr/
あとで検索してみようと思う。おもしろかったなあ。


みなとみらいから、関内まで歩く。
ビール好きのHさんがおすすめしてたビールのお店。
事務所風の雑居ビルの5階で、こんなところに飲食店があるのかと
おそるおそる入ったら、事務所感がありつつも本格的なビールのお店で、
アメリカから輸入されたクラフトビールが豊富にあった。
はじめて入ったお店で、なんか緊張して、
何でもいいからビールを注文しようとメニューにある瓶を指して、
「これください」
と言ったら、バーベキューソースだった。
「あ、わかりづらいですよね!」
とすぐにフォローしていただいてGREEN FLASHにした。
うまい。ガツンときて、んまいという感じ。
https://www.instagram.com/p/BBo62ELiwhX/

そのあと、地下鉄で上大岡へ。映画まで時間があったので、
以前から気になっていた庵蔵という立ち飲み屋へ。
おでんと日本酒。
https://www.instagram.com/p/BBpFqOhiwu0/


で、今日から公開の「キャロル」を見た。
これを見ようと特に決めずに時間がちょうどよかったので見たのだけど、
すごい映画だった。ビールと日本酒を飲んだあとで、
はじめ10分くらい寝てしまい、そのあとウトウト見ていたのもあり、
夢みたいにきれいな映画だなと思った。色とか構図とか。
原作の小説が河出文庫から出たらしいのだけど、
その表紙がエドワードホッパーの絵というのもなんかわかる。

キャロル (河出文庫)

キャロル (河出文庫)

内容は女性同士の恋愛。映画の中の1950年代は、
同性愛は精神病とされていて(そういえばアラン・チューリングの
「イミテーション・ゲーム」はイギリスだったけど、
同性愛は違法でチューリングが逮捕されていた)、
そういう、いけないとか病気とされていたことを突き動かされてやる
というところにゾクゾクして目が覚めて引き込まれた。
あと展開がナボコフの「ロリータ」みたいだとも思った。魅惑だわ〜。


帰りつつ、コーヒーなど飲みながらすごす。
美術館や映画館やクラフトビールと、まるでデートっぽいですけど、
安心してください、独りですよ。