読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる
小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



アドフリくん人形をもらった

定時をすぎた18時。同僚のチャタン氏が席まで来て、
「このあと予定あったりします?」と聞いてきた。
とくになかったので、「ない」と正直に応えると、
「渋谷でセミナーがあるんですが、どうですか」という。
少し遠いし、渋谷(人が多い)だし、
ぼくに関係あるセミナーなのかわからないので、
どうしようかなと迷っていたら、
「ピザ食べ放題、ビール飲み放題です」
と言われて、行くことに決めた。
3ヶ月くらい前から、無性にピザが食べたかったのだ。


帰宅ラッシュの満員電車を乗継ぎ、19時、
ビットバレーと呼ばれていた道玄坂上のオフィス郡の一角で、
セミナーが開催されていた。セミナーのタイトルは、
「アドフリくんマネタイズナイト」
iPhoneやAndroidのアプリに広告を載せたり、課金の仕組みを導入したり、
YouTuberとコラボしてマネタイズしたりするための
効果的な手法やサービスや活用事例を、
事業者が登壇者となって話してくれるという、
非常に興味深いセミナーであった。

元同僚のI君が、このセミナーを主催している会社に転職して、
チャタン氏とともに招いてくれたのだ。


いまでこそ、このようなブログを書いているぼくではあるが、
この「しーなねこのブログ」の起源はいまから約17年前、
フリーのゲームを公開することに始まったのである。
そう、ぼくは、セミナーでマネタイズの
例として出てくるようなカジュアルゲームを、
たくさんの企業が真剣に作りだすだいぶ前から作って、
全部で10万本とかダウンロードされていたのである。

そして、何を思ったかというと、自分の情けなさである。
こんなに盛り上がることを、まったく想像できずに、
ゲーム作りから手を引いてしまっていたからである。
しかし、今日のセミナーを聞いて、またゲーム作りたいと思った。


セミナー後の懇親会、缶ビールの4本目に指をかけたとき、
唐突にじゃんけん大会が始まった。
70名弱の参加者の最後の3名に残り、賞品を手に入れた。
これがその賞品、アドフリくん人形である。
https://www.instagram.com/p/BB5BWKWiwm-/
実はすごく欲しかったのだ。外見だけでなく触り心地もよい。
今年になって、いちばんうれしいかもしれない。
ピザは5切れ食べたし、お腹いっぱいである。

あとチャタン氏はこういうところで情報収集していて
偉いなと思った。


こんなよい日になると思っていなかった。
ありがとうございます。