小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



どうでもよいこと3点

1.
子どもの頃(小学生ぐらい)って、
1日に1回くらいは、
「あ、いいこと思いついた!」
と言っていた気がする。
ぼくだけでなく、友達も口々に言っていた。

で、その「いいこと」というのは、
それほど、いいことでもなんでもなかったりする。
それでも、そのときは頭の上で電球が点いたみたいに、
本当にいいことに思えて、その直後にうぉーっと
気持ちが高まったものである。
最近、「あ、いいこと思いついた!」って言っていない。
いつでも言っていたい。で、うぉーってなりたい。


2.
この前、オフィスに大豆の皮が落ちていた。
あ、だれか会社で節分の豆まきでもしたのかなと思った。
が、豆の周囲を何気なく見たら、小魚も落ちていた。
豆まきじゃない。だれかがこの辺で弁当を食べたのだ。
と思った。
それか猫でも来たか。


3.
深い睡眠の秘訣は、深いゆっくりした呼吸である。
と、メモしていた。メモしたことを忘れていた。
メモをしたのは、去年の12月23日とある。
これを読んだひとは、ぜひ試してみてほしい。
息をゆっくり吐きつづける。するとこれ以上無理なところまでいく。
でも、それでも絞り出すようにしていると、少しずつ息は吐ける。
本当の本当に無理になったら、こんどはゆっくり長く吸う。
これもこれ以上無理なところまで吸う。
もう吸えないと思っても耐えてると、まだ吸えるようになっている。
こうやって吸いまくる。で、また吐きまくる。吸いまくる。
と何回かやっていると、萎んでいた肺が伸びて(伸びるものかはわからないが)容積が増えて、
普通に呼吸をしても深く呼吸できるようになる
(といっても、一時的なものだが)。
この深い呼吸のまま睡眠に入ると、とてもよく眠れることがわかった。
とくに呼吸で肺が膨らむと、背中や胸の凝っているところに
内側から圧力がかかって、体がほぐれるのが実感できる。