小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



ヘイトフル・エイトを見たりした。2月はたくさん日記を書いた。

日曜は昼まで寝て、raspberry piで遊んで、
夕方にジムへ行って運動をした。
そのあと、上大岡の本屋で本を買ってドトールコーヒーに入り、
映画のレイトショーが始まるまで読んで待った。

ちなみに、先週駅前で見かけた
「日曜の夜なので飲みに行きませんか」
とホワイトボードに書いて立っている青年はいなかった。

クエンティン・タランティーノ監督の「ヘイトフル・エイト」を見た。
やばい映画だった。「ジャンゴ」のときは始まってすぐに、
やばい、帰ろうかなと思ったのだけど、
今回はじわじわとやばさが増して混ざりあっていく感じがした。
こういうの(血まみれになったり爆発したり)は苦手なのだけど、
月並みな言い方だけど、アドレナリンが大量に出る感じがして、
感覚が鮮明になる。常識(良識?)、価値観が揺さぶられる。
あと映像と音楽がカッコいい。けど、えぐい。こわい。
3時間近くあるはずなのに、そう感じさせない。

The Hateful Eight

The Hateful Eight

見ないほうがよかったかもと思うくらい衝撃的だったので、
帰って、おそ松さんを見たりした。


raspberry piはスピーカーにつないで、
リモートで合成音声で言葉を発するようにした。
自室にいながらにして、居間にいる家人たちに、
メッセージを伝えることができた。
「お昼、いらない。ラーメン食べたから」
「ちょっと出かけてきます」
とかロボットみたいな声で伝えた。
だからなんなんだ。


しかし2月は日記をたくさん書いた。
これも入れると20個書いた。
がんばった。