小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



空気清浄機をきれいにしている。

花粉がすごくて、鼻が出て目がかゆく頭がぼーっとするので、
重い腰を上げて、空気清浄機を動かすことにした。
もう2年以上動かしていない。
中途半端によい機種を買ったので、
内部構造が何層ものフィルターになっていて、
オプションも多く、それらを取り外して交換したり、
中性洗剤で洗ったり、つけ置きしたりするのが大変面倒くさく、
機能が低下してからずっとほったらかしにしていたのだった(2年間)。

外側(部屋の空気を一手に引き寄せるから汚れのつき方がすごい)を
ゲキ落ちくんで丁寧に取り、カバーを外し、紙やゴムや金属でできた、
いくつものフィルターを外し、取り替えるものは取り替え、洗うものは洗う。
想像以上に内部は汚れていて、水を何度替えても黒くなるほど。洗い甲斐がある。
真っ黒なパーツを水をかけながらごしごし洗っていると、
汚れが落ちて次第に文字が浮き出てきた。読むと、

水洗い不可

と書かれていた。
洗ってしまったものはしょうがない。
いまベランダに干している。


https://www.instagram.com/p/BDFMvrWCwl8/


めずらしく午前中に起きることができた(今週は毎日13時まで寝ていた)ので、
こういうこと(清浄機の清掃とか)ができる。
昼夜が逆転しているのはマンガを読んだりして、
寝るのが朝8時になっていたからで、
放っておくとこういうことになる。
こうならないためにも、会社って必要なんだなと思う。

パラサイトシングルなので、昼は母とパンや寿司を食べる。
お互いに、もごもごしゃべって滑舌がわるく、耳も遠くなってきたので、
ひと言で通じず、「ええっ?」とだいたい聞き返す。
互いに話しては聞き返すの繰り返しで、話が進まない。
ぼくは目もわるくなってきたみたいで、スマホで文字を打つときに、
「ピ」と「ビ」、「パ」と「バ」の見分けがつかない。
適当に打って予測変換の力を借りる。
「ピーマン」と打ちたくて、「ピー」まで入力しても、
「ピーマン」が出てこなかったら、これは「ビ」だったんだと思う。

ぞっとするだろう?