小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



モンゴル料理を食べたり、エクストリーマーズを見た

友人の中田舞子さんがやっているマンガ雑誌「ビッグシシュー」の集まりが、
幡ヶ谷のモンゴル料理店であり、そこでラム肉を食べた。おいしかった。
帰りは最寄り駅までの電車を逃してしまい、一時間ほど家まで歩いた。
マンガ描くぞ。

日曜は、録画しておいたエクストリーム出社の番組を見た。
フジテレビで深夜に放送された番組で「エクストリーマーズ」という。
www.fujitv.co.jp
エクストリーム出社協会にも相談があって、
あまやんさんがいろいろ対応してくださったのだけど、
結果的に協会としての出演とかはなかった。
https://www.instagram.com/p/BDda_idiwjB/
番組はとてもおもしろかった。
世界一のエクストリーム出社を決めるという内容で、
退社してから翌朝の出社までのエクストリーム出社が4つ披露された。

  • 4種目のスポーツをこなしてから出社
  • 台湾に行ってプロポーズをしてから出社
  • 上毛高原で温泉、朝にバンジージャンプしてから出社
  • リフォームして不動産屋に査定してもらってから出社

画面に残り時間が表示されていて緊迫感があり、
ナレーションが実況放送みたいにエクストリーム出社のおかしさをうまく伝えていて、
それを見てコメントするテリー伊藤さんのツッコミもおかしくて、
テレビってさすがだなと思った。あとは、競技なので解説があってもいいなと思った。

エクストリーム出社のおかしさを、まったく初めてのひとに伝えるのは、
意外とむずかしく、うまくいかないと、やっている本人だけがおもしろい
という状況になりがちなのだけど(もちろんそれはそれでよいのだけど)、
こうやって広くたくさんの人に楽しんでもらうために、
画面やナレーションや出演者や構成をいろいろ工夫していただけて感動した。
エクストリーム出社の可能性を信じてもらえたこともうれしかった。
https://www.instagram.com/p/BDdbK1aiwjm/
そして、数年前の夏に、あまやんさんとぼくで遊び化した
「エクストリーム出社」がこうやって全国放送のテレビで見れるのは、
あらためてすごいことだなと思った。北海道テレビさんでも
「イカナイバネ」という番組でやっていただいたこともあったし。

第二回の出場者を募集していたので、続編があるみたいなので、
いまから楽しみにしている。シリーズ化してほしいなあ。