小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



引越しをしました

5月の文学フリマを終えてからは、引越しの準備をしていました。
そうなのです、引越しをするのです、というか今日引越しをしました。
なぜいまさら、というと会社の場所が川崎から駒込に移転して、
横浜から通勤すると二時間弱かかってしまうからでして、
それを朝晩やるにはもうわしは歳をとりすぎたということで、
ひとり暮らしをすることにしたのです。

ひとり暮らしというのは、たいてい二十代前半で実家を出て、
親元を離れ社会人になり経済的・精神的に独立するという意味で、
引越しをするのが一般的なのではないかと思われます。
ぼくの歳(37)で引越しというと、
結婚する
とか、
結婚して子どもが産まれて広めのところへ移る
とか、そういう人生のステージの中盤のイベント
と見なされがちですが、そういう類のものではありません。
ただただ、初のひとり暮らしを始めるおじさんなのです、私は。
日本パラサイトシングル協会を作りたい
とか、
実家に骨を埋める
と豪語していたのですが、まさか実家を出るとは、
自分がいちばん驚いています。

で、今日の9時に引越し屋さんが来て、荷物を搬出して、
11時半には搬入が始まって、正午には作業が完了しました。
あっという間でした。
https://www.instagram.com/p/BF5jDEIiwvQ/

新居のまわりには駅がたくさんあり便利そうなのですが、
駒込、田端、西日暮里、千石、千駄木のどこからでも
約15分歩かないといけないので、すこし不便かもしれません。
今日は東京上野ラインで上野まで行って、バスで行きました。
選択肢が多すぎると疲れますし、
地理を頭に入れようと毎回行き方を変えているのですが、
いまだに家の場所があやふやで、地図アプリを見ながら、
家の前を何度も通りすぎたりしました。

https://www.instagram.com/p/BF6Pw5Oiwqz/

住む場所と、働く場所と、遊ぶ場所、考える場所を
近接させる実験のようにも思っています。
いろいろ書いていきたいと思います。