小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



スーパーで買い物をする

よく行くスーパーは20時ぐらいだと空いていて、
ゆっくり買い物をすることができます。
「いまのおれは何腹だ?」
孤独のグルメでそんなセリフがありました。
空腹になった主人公が街で店を探すときに自らに問いかける。
これを真似して、スーパーに入りカゴを持ち、心を無にします。
「いまのおれは何腹だ?」
おれの体・脳は何を求めている?
カゴを持って野菜売り場から魚売り場へ。調味料、乾物、肉売り場へ。
カゴにはまだ何も入れない。食品とその値段を目に映しながら歩き、
心に浮かんでくる想念を観察します。

https://www.instagram.com/p/BICspWJDJD8/
こんなのとか、
https://www.instagram.com/p/BIFVhyODY7N/
こんなのとか、
https://www.instagram.com/p/BIH7XAZj343/

こんなのになりました。
うまかったです。


ところで、会社の近くに住んでいると、
駅周辺の繁華街で飲んだ帰り(23時とか)に、
会社に向かって歩くことになります。
そうすると、23時まで働いてテンションの下がった同僚と、
酔っ払ってテンションの高いごきげん状態で対面することになります。
はずかしいのですが、これまでに3回ほどありました。
こういうときは、できるだけ真面目な顔をするようにしています。