小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



でかんしょで飲んだり、和食亭で食べたりした。

社内で使っているslackというチャットツールに
雑談のグループがありまして、そこに、
「お酒を飲みたいです」
と書いたところ、いくつかの「いいね」をいただきました。
ならば、と、これから行く酒場を書いて退社したのですが、
その日はだれも来ませんでした。
https://www.instagram.com/p/BKVQKT2goRx/
ところで、この日に行った巣鴨の「でかんしょ」という立飲屋が、
けっこう気に入っています。
千円チケットを買うと、千百円分飲めるのです。

  • ビール300円
  • マカロニサラダ150円
  • モツ煮込み350円
  • 清酒200円
  • コロッケ100円

このワンカップ的な清酒(ヤカンから注がれる)が、
煮込みに合っていまして、たまらんのです。

話が逸れました。
で、やっぱり酒場の名前だけ書いても、みんな来ないよね、
すみません、配慮が足りませんでした。と思いまして、今日は
「19時に出ます、一緒に来られる方はメッセージを」
と記して1時間ほどジッと待ったのですが、
だれからもメッセージがありませんでした。
まあ、そういう星の流れなのでしょう。
水星が逆行しているのでしょう。


ということで、今日はひとりで飲もうと
JR駒込東口の辺りへ行ったのでした。
しかし、昨日も飲んでいましたし、飲もうと意気込むと、
飲まなくてもいいような気がしてくるのですよね、不思議と。
で、和食亭へ行きました。お酒もあるのですが、
基本的に定食を出してくれるお店なのです。
以前、お昼に一度行ったのですが、とにかく品数が多くて、
しかも一品一品丁寧に作られたものが十品は出てきて、
野菜が豊富で栄養のバランスがとてもよいのです。
今日はメインに、かじきまぐろの煮物をいただいて、
やはり前菜がたくさん。中秋の名月をイメージしたという
甘辛いソースがかかった大根の煮物が大変うまかったです。
吉岡秀隆さん似の店主さんがとても気さくで優しく、
テレビで嵐のバラエティ番組をやっていたのですが、
その状況を説明してくださったりして、
お料理もどれもおいしくて、心が満たされました。
ご飯を半分お代わりして、お腹いっぱいになり家に帰るとまだ20時。


最近ジムというか、公共のトレーニングセンターの定期券を買ったのです。
引っ越す前はジムに月1万ちょっと払って通っていたのですが、
文京区の総合体育館のトレーニングセンターだと月2800円なのです。
もともとランニングマシンと、筋トレのマシンを少し使うだけだったので、
これで十分なのでした。場所は東京大学の横にあるのですが、
東大の横を通ると、その辺を歩いている人がみんな頭良く見えますね。
構内から吹いてくる風に当たるだけでIQが少し上がるような気までします。
ぼくは学歴コンプレックスの塊なのです。

それはそうとして、そこで運動してシャワー浴びて21時。
帰りは不忍通りから根津の方へ向かって、上野公園の噴水広場で
コーヒーでも飲もうと思ったら21時で店が閉店していましたので、
広場に腰を下ろして休憩。
中秋の名月ということで月を見ましたが、朧月でしたね。
東京藝大のところを抜けて、団子坂下を右折して西日暮里の方へ行くと、
古書ほうろうという古書店があって、
店内をゆっくり回って少し立ち読みして、22時に帰宅。
家で白ワインを少し飲んだり、コーヒーを淹れたりして、
とてもよい夜でした。あと、東京ってすげえなと思いました。
https://www.instagram.com/p/BKYUfTngXIM/