小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



肉のハナマサで買い物をした

最近、お天気がわるいからか体調もすぐれません。
このまえは熱が出ましたし。季節の変わりめですね。
https://www.instagram.com/p/BZgky7qAD2w/

体調がよくないと、気分も下がるものでして、雨がしとしと降る夜に、
食べものを求めて「肉のハナマサ」道坂店へ行きましたところ、
店内にさみしげな古い歌が流れていて、そのときのさみしさにとてもマッチしたので、
この歌はなんだと「Shazam」というアプリ(音楽を聞かせると曲名を出してくれる)を
用いて調べたところ、薬師丸ひろ子さんの「探偵物語」であることが判明しました。
だからなんだという話ですが。


それはそうとして、夜おそくの「肉のハナマサ」はガランとしていてさみしい。
しかし、今日はいろんなものが安かったです。
いつも200円ほどするレタス一玉が100円だったり、
キューイフルーツが5個で200円だったり、
バナナも大きいのが3本で80円。大きなにんにく3つで100円。
トマト缶、シーチキン、納豆などを買って1134円でした。

キューイフルーツをレジ袋に入れるとき、
パックの端でレジ袋を大きく引き裂いてしまい、もはや袋ではなく、
かろうじて中身を吊っている帯のようなものになってしまったので、
レジの若い外国人の女性に「こんなになってしまいました」と見せて、
袋をもらおうとしたら、クスクス笑ってレジ袋を広げ、
ここに入れなさいというふうにしてくれて、
やさしいなあと思いました。


家に帰って、冷凍している豚バラ肉(これも以前に「肉のハナマサ」で
1kgまとめて買ったもの)を使う分だけ切って解凍して、
玉ねぎ1/2を使って豚の生姜焼きを作りました。
https://www.instagram.com/p/BZlaPvKgaEB/
われながらうまく、炊きたてのご飯でぱくぱくいけます。
お腹いっぱいになったら満足して、
気分もよくなっていました。