小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



Suijax

年々、季節の変り目が体に応えるようになっています。
あとどれだけの季節を無事に乗り切ることができるのか。


身体的にも精神的にも弱くなって、背中を丸めて溜め息です。
「しいなさん、痩せました?」
と聞かれて、体重を量ったら2キロ減っていました。
食べると胃が痛いし気持ち悪いし、食べないと体重が落ちるし、
絵に描いたようなTHE・衰弱です。
Suijaxです。


土曜・日曜の夜になると落ち着かなくなって、
本棚を整理して、夜中に原付に乗って
BOOK-OFFへ売りに行くのです。


「この本があるからいかんのだ!」


という気になるためです。
昨日売ったのは、金儲けの本や『さよなら絶望先生』というマンガ。
1冊だけ「これは引き取れません」と言われたのは、
浪人の時に買った
『図解 兵法』
なぜ引き取ってもらえなかったのか。
鶴翼の陣とか、鋒矢の陣に、
真っ赤なアンダーラインを引いたからでしょうか。


浪人時代の僕よ、お前は何がしたかったのだ。



温泉に行きたいです。

会社の人で草津へ行ってきた人たちがいましたが、
草津の「西の河原露天風呂」のエネルギーが忘れられません。
月に1回は行くべきではないでしょうか。


伊豆とか箱根もいいですね、どなたか泊まりで行きませんか。
旅館で、しーーんと会話もなく、
ぼーっと各自、目を閉じて横たわり、
干渉せずに、鳥の声とかだけを聞く。


「じゃあひとりで行くのと変わらないじゃないか」


と、あなたはおっしゃるかもしれませんが、
ええ、ごもっともです。しかし「誰か居る感」は欲しい。
あなたにこの気持ち分かりますか!?




ニャー!!