小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



その人がいなくなっても、臭いがしました。

帰りの電車で横に座った人から、
強い足の臭いのようなのがして、5分ほど横にいたら、
その人がいなくなっても、臭いがしました。


僕自身から臭いがしているのではないかと思い、
手を嗅いだりしましたが、大丈夫なような、
何かが染み付いたような、そこはかとなく臭く、
なんとも言えない不安な気持ちになり、へたばりました。


夕方まで背筋が寒く、頭が痛い。参りました。
土曜日に、ポジティブなお祝いのエネルギーに、
触れたいと思います。