小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



モテる・モテないと気遣いと自意識過剰。

いろいろお話して何か分かった気がしたので、書いておきます。



モテる・モテないというのは

本能的なものを出せるか・出せないかだと思いました。
本能的なものは、人の無意識に働きかける。
無意識は意識の何倍も大きくて強い。
本能・情動が強い人は、相手への影響力が強いのでモテる。


本能的なものを出せるか出せないかは、
自意識の問題になってくる。自意識過剰な人は、
本能的な内容を伝えるよりも、伝える形式の方に気が割かれるので、
本能的なものは出せない。


そんなことを考えながら歩いていたら、
「ふざけんなよ!!」という女性の怒鳴り声が交差点に響きました。
若い男女が口論していて、男性が「うるせえんだよ!!」と怒鳴って
女性を殴って引っくり返していました。


カップルのようだったので、女性を殴って倒すような男でも、
一時は女にモテていたのだなと思いました。
本能的なものを出せばモテるけれども、
その本能が問題だと思いました。



気を使ってはいけない。

気を使うのは、本能ではないから。
よく気を使う人は「いい人」とか言われて、
都合よく使われて捨てられる。だからといって、
都合よく使われて捨てられることに腹を立てるのは、お門違いであって、
なぜなら都合よく使われるように振舞った本人に責任があるから。


そういう人は「なぜこいつはエスカレーターの右側に立つんだ!」とか
「降りる人優先だろうが、アホが!」と、自分が気を使ってルールを守るので、
ルールを守らない人に怒りを爆発させて、よくない。


さらに、気を使っていると、人を気にしてばかりになり、
人の気に障らない理想的な自分を妄想で作り上げ、
それに執着して、ノイローゼになる。


だからといって、人類が皆、気を使わないようになったら、
滅茶苦茶なことになる。



気を使わずに、本能を出した結果が

自己中心的になるからいけない。
気を使わずに本能を出し、その本能が
「世界平和」とか「人類の大願成就」であればいいのです。
そしたらモテるし、皆幸せになる。


多くの人は、本能で自分自身に気を配る。
よくても自分の家族、さらによくて周囲の人までにしか気を配れない。
宇宙全体へ気を配るようにならないと、戦争とかなくならない。


自転車に乗るのは、無意識でバランスを取っていますし、
乗り方に意識を集中させたら、急に分からなくなって転ぶ。
水泳で水に浮かぶためには、全身の力を抜かなくてはならない。


まず自然に自転車に乗れることが重要で、
その自転車で、人類のためにペダルをこぐ。
たくさんの人が、自転車で自己中心的な運転をして、信号無視をしたり、
人をひいて傷つけたりしているように思います。


自転車に補助輪なしで乗れることを、当たり前と思わずに、
ありがたく謙虚に捉え、意識的でなく無意識に出てくる、
本質的な善でもって操縦したいと、
僕は思うのですよ。どうですか。



で、自転車って何だ。

「則天去私」ってことなのかと思いました。