小説集『突き抜け』のご購入はこちらから。



しばらく何もしないをしようと思います。

昨日、インフルエンザの予防接種を受けました。
なんだか熱っぽく、頭もかるく痛いです。


運動と飲酒と長風呂は控えてくださいねと言われたので、
ジムも酒も鍋もやめて、家でじっとしていました。


何かしよう、しなくてはならないと思うと、
途端に何もできなく、やる気がなくなる性質なので、
逆に、徹底的に何もしないようにするのは、
どうでしょうか。誰に聞いているのでしょうか。


「絶対に何もしないもんね」と膝を抱えて、
部屋の隅で毛布にくるまっていれば、
そのうち、逆に何か強い衝動が湧いてきて、
それでもそれを滅却して、何もしないに徹して、
また衝動が来て、滅却してを繰り返して、
もうどうにも我慢が出来ないくらいやりたいことが、
爆発しそうになったとき、初めて開始すればよいのだ。


きっと、自分でも予想できないような、
未知の創作の意欲が爆発して、溜めに溜めたエネルギーが、
一気に作業に取り掛からせてくれるのではないかと思うのです。


例えば、突然、ヨドバシカメラで圧力鍋を買ってきて、
滅茶苦茶うまい豚の角煮を作りだすかもしれませんし、
それだけでは治まらず、ケータイ小説を書き上げて、
一攫千金を狙いながら、傘に変わる雨に濡れない道具を
発明してしまうかもしれません。


だから僕は、しばらく何もしないをしようと思います。